ブログ フォレストビューティラボ

脱毛サロン開業で失敗を回避!成功のための7つのポイント

「フォレストビューティラボ」ページチェック

フォレストビューティラボ

エステ開業ノウハウ

脱毛サロン開業で失敗を回避!成功のための7つのポイント

脱毛サロン開業を計画しているけど、失敗したくないという方への参考ページです。

  • ・未経験でも開業できるって聞いたけど、誰でもはじめられる分失敗する人も多いのでは?
  • ・脱毛サロンが増え価格も下がっている中、本当にうまくいくのだろうか。
  • ・本当に資格はいらないの?

今や、男性や子供にまで広がっている脱毛事業。老若男女問わずムダ毛のお手入れが常識になり始めている中、脱毛事業参入を検討している方も多いのではないでしょうか。
ブームに比例して脱毛サロンが増加。専門サロンだけでなく、美容室や接骨院、自宅サロンでも導入されています。

「開業したものの、思ったようにお客さんが集まらない。」「売上が上がらない」と失敗してしまわないために、脱毛業界の現状を知り、実際にあった失敗事例から学んで成功する準備を整えましょう。

ご参考になれば幸いです。

目次

1.脱毛サロン開業こんなイメージありませんか

脱毛サロン開業の現実

2.脱毛サロン開業の失敗例

3.脱毛サロン開業で失敗する主な原因

脱毛機選びで失敗

集客できない

サロン情報が少ない

価格設定が間違えている

必要以上にお金(開業資金)を使ってしまっている

管理力・資金不足

コンセプトが不明確

経営知識・経営者意識が不足している

4.失敗しない脱毛サロンを開業するには

STEP1:脱毛の種類と資格の有無を確認する

STEP2:事業計画を立て、コンセプトを決定

STEP3:脱毛機器決定

STEP4:物件を決定

STEP5:資金調達

5.脱毛サロンを開業で成功するための7つのポイント

①脱毛の知識・技術を学ぶ

②クロージング(カウンセリング)を強化

③他店との差別化

④お客様との接点を増やし、来店への動線を作る

⑤万が一の保険

⑥経営者マインドを身につける

⑦フランチャイズに加入

6.フォレストエステティックスクールで学び脱毛サロンを開業されたお客様

7.まとめ

脱毛サロン開業こんなイメージありませんか

脱毛サロン開業

  • ・効果が出る良い脱毛機を導入すればうまくいくだろう
  • ・施術も簡単だし、誰でもできそう
  • ・脱毛の需要は多いから、広告を出せばお客さんは集まるだろう

良い脱毛機を選べば一定の効果を出すことはできます。
しかし、それだけではお客様は集まらず売上にはつながりません。
まずは、脱毛に関する知識を身につける必要あります。

脱毛サロン開業の現実

機器を使ったサービスのため施術は簡単で、効果を出すこともできます。誰が施術しても同一の効果が得られるので技術力が問われず、未経験でも始められることから他業種からの参入も増加しています。
一方、施術後のトラブルが多いのも事実。
2012年度以降の約5年間に国民生活センターによせられた964件の問い合わせのうち、エステ脱毛によるものは680件。最も多いのが、施術後の火傷や痛みなど肌のトラブルです。

(※国民生活センター調べ http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170511_1.html

脱毛トラブル増加のため厚生労働省が通知した脱毛行為等の取り扱い文書はこちら>>>

「誰でもできる」「簡単」ということから、知識が浅いままに参入していることが推測されます。施術が簡単とはいえ、一歩間違えるとお客様の肌を傷つけてしまう可能性があることを念頭に置いておきましょう。
トラブルを未然に防ぐためにも、最低限の脱毛知識(肌理論、脱毛理論、ホルモンの作用、よくある皮膚疾患)が必要です。

脱毛サロン開業の失敗例

脱毛サロン開業の失敗例
フォレストエステティックスクールに来校されたサロン様。

すでに脱毛サロンを経営されておられ、集客が上手くいっていないことが原因で、純利益が上がっていませんでした。
まずは、

①来られたお客様にリピートしていただくために必要なカウンセリング力を磨く「集客セミナー」
②サロン運営の基礎となる経営知識の基礎を学ぶ「開業セミナー
③現状を整理し今後の対策を一緒に考えていくために「個別相談」

などにご参加いただき、その中で何が不足しているかを確認してアドバイスさせていただきました。

集客では、直営サロン(シミケア専門サロンアリス)のノウハウや全国で活躍されている顧客様の成功事例を、サロン様の規模・形態が似ているところからピックアップしてお伝えし、実践いただきました。
結果、集客数が上がり、カウンセリング力が強化されたことによってリピーターも増え、業績アップへと繋がりました。

エステ、開業集客で悩んだ時に見直すべき失敗例について詳しくはこちらから>>>

脱毛サロン開業で失敗する主な原因

脱毛サロン開業で失敗する主な原因点
脱毛サロン開業で失敗しているサロンの原因は、大きく8点あります。

脱毛機選びで失敗

中古脱毛機を購入

  • ・使用年数、回数などが不明確のためすぐに壊れてしまう
  • ・もしもの時のサポートを受けられない
  • ・必要な消耗品を購入できない
  • ・お客様のお肌を傷つけてしまう恐れがある

など、後々トラブルが起こる可能性が高く、新品を購入する以上の出費になることも。
予想外の出費で資金不足に陥ってしまうことになります。
また、

  • ・メーカーが倒産
  • ・営業先の担当者に連絡がつかない
  • ・販売したっきりサポートがない など

故障した際に代替え機の用意もしてもらえず、数日間営業できないまま失客することも。
購入後、どの程度サポートしてくるのかは重要です。

集客できない

  • ・フリーペーパー頼りっきり
  • ・安価なクーポンを大量に発行 → 利益があがらずさらに集客が必要

「どのこのサロンも出しているから・・・」「プラットフォームが大きいから・・・」など明確な理由や目的がなければ、お客様を集めるのは難しくなります。
多くの人が集まる=それだけ競合もいるということ。
ターゲットにあった適切な媒体、宣伝方法を活用しなければ期待する効果は得ることはできません。

サロン情報が少ない

インターネットが普及し、誰でも求めている情報を探し出すことができる時代。
サロン所在地など基本的な情報を載せているだけでは、なかなかお客様の心にも響かず他店に劣ってしまいます。
ホームページやちらしなど、伝え方やツールは様々です。
SNSやブログなどの無料ツールも活用し、どのようにするとターゲットの心に刺さるのか。どんな情報を掲載すると興味を持たれるのかを考え、情報を公開していく必要があります。

価格設定が間違えている

  • ・ただ単に、近隣サロンや大手サロンに価格を合わせている
  • ・ご紹介、お友達価格などで安易に価格を下げる

安さを売りにしてしまうと利益率が悪く、より多くの人を集客する必要があります。
適正な価格で価格以上のサービスを提供し、リピートしてもらえることが大切です。

必要以上にお金(開業資金)を使ってしまっている

理想にばかり目が向いてしまい、

  • ・物件や内装
  • ・在庫をかかえる
  • ・スタッフを雇う 

など、はじめから必要以上に予算を費やすと開業後の資金繰りが難しくなります。
サロンを軌道に乗せるためには、平均4~6ヵ月はかかります。開業してからも広告費、その他、家賃、人件費など固定費×期間分は運転資金として必要になります。売上があがらなければ運転資金を削ることになり、結果、広告費を捻出できず集客できないということに。
一度決定すると簡単に削減するできない固定費は、経営が安定するまで極力抑えるのがベストです。

管理力・資金不足

  • ・準備した資金をほとんど開業資金に使ってしまった
  • ・運転資金が残っていない

など、集客のための予算がなく、結果お客様が来ずに売上があがらないことも。
日々の売上や集客数など、確実に把握しておかなければ売上は伸びません。

脱毛は、1人集客するために平均1万円必要と言われています。30人集客するのに30万必要ということ。そこからはご自身のカウンセリング力によって左右されるため、それらを踏まえて考えなくてはいけません。
軌道に乗せるまでの時間は短い程良いですが、平均4~6ヵ月はかかります。広告費だけで30×6=180万は最低必要となります。
また脱毛機はランニングコストや修理などが継続的にかかることを理解し、業務計画をしっかりと立てる事が重要です。

コンセプトが不明確

痛くない/同時に痩身効果が期待できる/子供でもできる/男性にも効果がある/早い/肌がきれいになる etc..

競合サロンは様々な戦略をもち、他店と差別化を図って集客をしています。
他店との差別化を図れていない=どのようなお客様にきてもらいたいか明確になっていない=お客様に選ばれず、集客できません。
サロンコンセプトは、脱毛機の選び方にも繋がる重要事項。
ご自身のサロンは何が売りで、どんな人にぴったりのサロンなのか明確化する必要があります。

経営知識・経営者意識が不足している

脱毛に限らず、開業するために必ず必要なのが「経営知識」。
もっとも重要な部分ですが、見落としている・後回しにしている人が多い部分。
この部分をきちんと準備をせずに開業し、失敗してしまうサロンも少なくありません。
未経験でも参入できるからこそ競合も増え、成功するためのノウハウを身につける必要があります。
他業種からの転職であれば、オープン前から空き時間を使い身に付けていくことができる準備のひとつです。

美容業界の情報収集

フォレストエステティックスクールでは、経営の基礎知識、集客方法、資金調達方法などのサロンの経営方法について学べる開業セミナーを開催中。

参加費は無料。開業を目指されている方お気軽にご参加ください。

開業セミナーの詳細はこちらから>>>

失敗しない脱毛サロンを開業するには

STEP1:脱毛の種類と資格の有無を確認する

どれもムダ毛をなくすための方法ですが、手法や必要資格が異なります。

ニードル脱毛

資格
  • 医師免許または脱毛士の資格が必要
  • 認定電気脱毛士(CPE)
脱毛方法 毛穴1つ1つに細い針を挿入して電気を流し、毛を生やす組織を凝固
特長 古くからある手法で痛みをともなうが、毛質、肌色を選ばず一度施術した箇所は生えてこない永久脱毛
価格 高額
施術時間 細かな作業のため時間がかかる

医療レーザー脱毛

資格 医師免許が必要
脱毛方法 メラニン色素(黒い色=毛)に反応する特殊なレーザー照射を、毛を生やす組織を凝固
特長 痛みを感じやすいが、一度施術をした箇所は生えてこない永久脱毛
価格 やや高額
施術期間 毛周期に合わせて施術を行うため回数が必要

光(フラッシュ)脱毛

資格 資格不要(民間資格あり)
・認定美容ライト脱毛エステティシャン(要エステティシャン資格)
脱毛方法 減毛・抑毛法
メラニン色素(黒い色=毛)に反応する光を照射し、毛を生やす組織にダメージを与えて毛を生えにくくさせる
特長 広い範囲に光を照射するため痛みが少なく施術時間も短いが、永久ではない
脱毛のみでなく美肌作用があるものも多い
価格 比較的安価
施術時間 早い

ワックス脱毛(ブラジリアンワックス)

資格 資格不要
IWC(一般社団法人 国際ワックスコンソーシアム)などがあり認定サロンやスクールで習得可能
脱毛方法 脱毛用ワックスを塗り、引き剥がす際に毛根から毛を抜く方法
特長 痛みを感じやすく、効果は2〜3週間ごとの手入れが必要
価格 安価
施術時間 2〜3週間ごと

エステサロンの多くは、光(フラッシュ)脱毛を取り扱っています。
機器による施術で、誰が対応しても同じ結果を得られるため、未経験からの参入におすすめです。

STEP2:事業計画を立て、コンセプトを決定

どんな場所でどのような人にサービスを提供するのか。
あなたのサロンへ選ぶ理由(強み)を明確にします。
痛くない」「脱毛しながら痩身効果」「肌ケア効果」など強みがなければ価格競争から外れることができます。

エステサロン開業時の事業計画の立て方について詳しくはこちらから>>>

STEP3:脱毛機器決定

脱毛機選びは重要です。効果はお客様の満足度に直結し、サロン経営が左右されます。
きちんとした商品は価格なりの理由があり、長い目でみて安心・安全・効果を発揮してくれるもの。本体価格だけではなく、施術を維持するために必要なランディングコスト、耐用年数、販売実績、販売会社のサポートなど、先何年かで見た時に得られる安心や信頼を重視し選定すると良いでしょう。
予算に応じてリースやレンタルという選択肢もあります。

失敗しない機器の選び方について詳しくはこちらから>>>

レンタル・リース可能な脱毛機についてはこちらから(フォレストシンフォニーサイトへリンクします)>>>

フォレストエステティックスクールは母体の美容商社(株式会社フォレストシンフォニー)で様々なメーカーの脱毛機を取り扱っているため、スタッフも各メーカーの脱毛機の特徴を理解しています。さらに自社で脱毛機も製造しているおり、その知識は豊富です。
どんな脱毛機がよいかわからず悩んでいる方には、お悩みや目的に合わせて最適な機器のご提案も可能です。お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから(フォレストシンフォニーサイトへリンクします)>>>

STEP4:物件を決定

脱毛サロンの開業形態は、自宅・マンション・テナントと様々。
隠れ家・プライベートサロンであればマンションの一室。
アットホームなサロンであれば自宅の一室など、コンセプトや資金に応じて選択しましょう。

失敗しない物件の選び方について詳しくはこちらから>>>>

STEP5:資金調達

脱毛サロン開業に必要な資金 最低約380〜630万円

開業資金 脱毛機150万〜400万円
その他備品(ベッド・消耗品など)50万円〜
運転資金 家賃、人件費など固定費×期間分
広告費180万円程(30人集客の場合)

(※サロン規模によって異なります。)

運転資金は広告費をどのくらいかけるかによって変動します。基本的に目標売上により必要な集客人数が変わるため、必要な広告費も変動します。
条件を満たせば融資や助成金を活用することも可能です。

エステ開業時に活用できる助成金について詳しくはこちらから>>>

融資を受ける前に!確認すべき注意点についてはこちらから>>>

脱毛サロンを開業で成功するための7つのポイント

①脱毛の知識・技術を学ぶ

お客様に選ばれるサロンにするためには、最低限肌理論、脱毛理論、ホルモンの作用、よくある皮膚疾患などの知識は不可欠。
上記の理論とカウンセリングができていれば開業は問題ありませんが、確実に減毛できているかなど途中途中の肌チェックは必要です。それを見極めるために機器購入会社での講習など学ぶ機会を持つことが大切になります。

フォレストエステティックスクールでは、「美容ライト1日講習」をご用意しております。
機器導入時の講習だけでなく、さらに深く学ばれたい方のための集中講座。
脱毛ビジネス、理論、カウンセリング方法などをお伝えさせていただきます。
未経験でも施術できるからこそ、きちんとスクールで学びディプロマを取得することでお客様に安心をご提供いただけます。

美容ライト1日講習について詳しくはこちらから>>>

サロンに就職し、働きながら実務で学ぶのもひとつ。
未経験であればお客様の来店から施術、クロージングまでの一通りの流れを経験できるため開業後も活かすことができます。(※サロンによって取り扱う機器ややり方も異なります。)

フォレストエステティックスクールでは、スクール生卒業生の方を対象にインターンシップ制度を設けております。開業前にエステサロンに努めたい!お仕事をしながら勉強したいという方におススメです。

直営サロンにてインターンシップ制度あり!詳しくはこちらから>>>

②クロージング(カウンセリング)を強化

脱毛サロン経営で上手くいくために、クロージング技術は欠かせません。
脱毛は効果を実感していただくために数回の来店が必要なため、いかにリピートしていただくが重要となります。新規のお客様の場合、来店当日には効果を実感できない上、その他メニューと比較しても料金設定は高くなります。
リピートしていただく(コース契約していただく)ためには、お客様と信頼関係を築くためのカウンセリング、途中の肌チェック減耗できているか肌トラブルはしてないかなどの細やかなフォローが必須となります。

フォレストエステティックスクールでは、信頼できるエステティシャン(オーナー)になる為に身につけておきたい話術やテクニックをお伝えする、カウンセリングセミナーを開催しております。

カウンセリングセミナーについて詳しくはこちらから>>>

オーナー人気No,1。売上だけでなくお客様との関係づくりやプライベートでの対人関係にも活かしていただくことのできる、ロールプレイング方式の実践講座もございます。人の心理の観点から学ぶ即日効果を実感できる講座です。

カウンセリング講座について詳しくはこちらから>>>

③他店との差別化

差別化を図るためには、競合のことを知ることも大切です。
他店を知った上であなたのサロンの強みを理解して、来店してほしいお客様を絞り込み、価値のあるメニューを提供しましょう。キャンペーンを行わずとも適正価格で来店いただける仕組みづくりが必要です。

④お客様との接点を増やし、来店への動線を作る

公式サイトやブログ・SNSを開設してお客様との接点を増やし、潜在意識に残すことでふとした時に思い出してもらえる仕掛けを作ります。
興味を持ってもらえる内容を定期的に配信していると、ファンを獲得出来ることも。
口コミやSNSで拡散できれば広告費も削減でき、優良顧客になる可能性も高まります。

⑤万が一の保険

冒頭に記載したとおり脱毛はトラブルが多いもの。
知識を身に付け機器の使用方法を守っていれば未然に防ぐことができますが、万が一の場合を想定し、前もって対策しておくことで業務に集中できる環境を整えられます。

  • ・エステティックサロン総合賠償保険
  • ・エステティシャン賠償責任保険

⑥経営者マインドを身につける

  • ・経営の勉強
  • ・支出を抑える工夫
  • ・売上だけでなく、純利益があがるよう経費の使い方の工夫 など

常に学び、より良くなるための思考が必要です。
軌道に乗ってきたら、お客様が脱毛完了後もサロンを卒業しないように移行できるメニューを用意しておくなど、先を見越して戦略を練るのも経営者の仕事です。(しっかり減耗ができているかが第一となります。)
事業にビジョンを持ち、ぶれない心をもって責任を持って行動することを心がけましょう。

⑦フランチャイズに加入

未経験、サロン勤務経験がない場合、サロンを経営していけるか不安もいただくこともあるでしょう。そのような場合、フランチャイズ制度を活用することもひとつ。

  • ・集客を本部に任せ、業務に集中できる
  • ・もしもの時も頼る先があり、精神的にも安心できる

などのメリットも。上手くいっている仕組みを知ることで、遠回りすることなく軌道にのせることができます。
加入するフランチャイズのコンセプト、やり方がご自身の考えとあっているかどうか確認し、上で判断しましょう。

エステ開業フランチャイズについて詳しくはこちらから>>>

フォレストエステティックスクールで学び脱毛サロンを開業されたお客様

制度を活用して開業されたサロン様例
脱毛とフェイシャルメニューを扱うサロンとしてオープン。
東京の池袋という大手サロンもひしめく中、脱毛の種類の使い分け、施術の柔軟な対応をする事で売上を伸ばしています。
通常の脱毛以外にもお顔の脱毛、子供脱毛、光フェイシャルとメニューの幅を広げています。

まとめ

脱毛サロンを開業し成功するためには、脱毛機選びと知識が重要です。
開業前から情報を集めて学びを深め、遠回りせず脱毛サロンを成功へと導きましょう。

フォレストエステティックスクールでは経営の基礎知識や集客方法を学べる開業セミナーを無料開催。
母体のフォレストシンフォニーが美容機器・化粧品の卸業もしていることから、サロンコンセプト、ご要望にあった脱毛機のご提案も可能。開業準備で不安、疑問がある方はお気軽にご参加ください。

→フォレストエステティックスクールの開業支援について
→フォレストエステティックスクールの開業セミナーご紹介ページ

エステスクールを決めた理由・目的とは!?

エステティシャンが選ぶエステスクールNo.1 エステサロン開業支援 顧客満足度No.1
受講生の声や様子&授業内容を発信中!簡単に受取る方法
ブログを通じて、受講生の様子や声、講師の考えをまとめた授業風景の情報を発信中です。
Twitter・Facebookでも発信しているのでお好みの方法をお選びいただければと思います。
  • 授業風景でわかること

    • ・他の受講生は何を目的に、どういったコースを選んでいるのか?
    • ・他の受講生はどこの地域からスクールに通っているのか?
    • ・何故エステスクールに通うのか?利用するのか?
    • ・具体的にどのような内容を行っているのか?
    • ・講師はどんな人柄なのか?

その他美容に関する情報も発信しています。 ぜひご活用下さい!

Copyright © エステスクールのフォレストエステティックスクール All Rights Reserved.
Translate »