ブログ フォレストビューティラボ

マツエク(アイリスト)自営って儲かるの?マツエクの真実

「フォレストビューティラボ」ページチェック

フォレストビューティラボ

エステ開業ノウハウ

マツエク(アイリスト)自営って儲かるの?マツエクの真実

こんなお悩みありませんか?

  • ・大好きなマツエクを仕事にしたい
  • ・アイリストになりたいけど、給料が少なそう・・・?
  • 労働環境体力面は大丈夫だろうか
  • ・家庭との両立できる自宅でのマツエクサロンを考えているけど、本当に儲かる?
  • ・マツエクサロンたくさんあるけど、集客できる?

マツエクの仕事に興味はあるものの、本当に儲かるのか?長く続けていける仕事なのかと悩んでいる方へ。
実際にマツエクで開業された方の事例を元に、マツエクサロンの実態をご紹介。

ご参考になれば幸いです。

目次

1.まつげエクステとは

アイリストとは

2.マツエクの市場について

3.正社員でも儲かる?サロンに就職した場合のアイリストの収入とは?

4.なぜ、自営?マツエクサロン開業で儲かる仕組み

商材の原価が安いため、利益が残りやすい!

利益率が高い

在庫不要だからリスクが少ない

5.アイリスト自営の年収はどのくらい?

6.こんな人が向いている!アイリストの仕事

7.マツエクでの自営でデメリットはある?

8.マツエク自営で得られるメリットとは?

副業としてもOK!今の仕事を続けながらはじめられる

働き方、生活の自由度があがる

リスクを最小限にスタートすることができる

9.マツエク自営で儲かるサロンを開業するには?

必要なもの

必要資金(10〜15万円※自宅開業の場合)

開業方法

広告宣伝

10.マツエク自営で本当に儲かっているのか?マツエクサロンを開業されたサロン様へインタビュー

11.マツエクの自営で儲かるために大切な3つのこと

リピート率を大切に!

インターネットフル活用!

メニューを展開し、単価を上げる

12.マツエクの技術を学ぶなら!

フォレストエステティックスクールで学ぶメリット

レッスンの様子

受講者の声

13.まとめ

まつげエクステとは

まつげエクステ
まつげエクステンションの略で、「まつげエクステ」、「マツエク」と呼ばれている化学繊維などで作られた人工のまつげのことを指します。専用の接着剤を使って、自まつ毛の根本から1~2㎜程度離した箇所に装着し、まつげのボリューム、長さ、カールUPをはかります。
髪のエクステと同様、今生えている自まつげに装着していくため、より自然に目元の印象を変えることができるようになりました。
装着方法や、デザイン、商材にもさまざまな種類があり、お客様一人一人の希望にあわせてデザインすることが可能に。女性を中心に人気で、カール、長さ、カラー、毛質、束感など様々なまつげエクステが販売されています。
このまつげエクステを装着する技術者を「アイリスト」といいます。

アイリストとは

まつげのプロとして、お客様へアドバイスや施術を行う職業。
お客様へ施術するためには、美容師免許が必須です。
アイリストの業務はまつげエクステだけではなく、まつげパーマ(まつげカール)も含まれます。まつげは生え方、本数、好みも異なるので、技術や経験、センスは重要です。
近年、女性に人気の職業となりつつあり、アイリストの専門資格(民間)も充実しています。きちんとした技術を習得していると癖もなく、技術力を高めていきやすいでしょう。

アイリスト資格取得方法

美容専門学校(100〜300万)
  • ・美容師免許を持っていない方でアイリストを目指されている方向け
  • ・2年制(働きながらでも通える夜間もあり(3年))
  • ・年2回(春・秋)に国家試験あり
  • ・数年前からカリキュラムにまつげエクステの科目が追加された
  • アイリスト専科(コース)を設けている学校もあり
  • ・メイク、ヘア、ネイル、エステ、色彩など幅広く学べる
民間資格(50〜100万)
  • ・すでに美容師免許を取得している人、より深く知識・技術を深めたい人向け
  • ・まつげエクステの専門知識を学べる
  • 短期間で習得できる
  • ・基礎がしっかり身につくため上達が早い
  • 採用率、雇用条件をよくしたい場合にも活用できる

マツエクの市場について

2013年以降上昇していたアイビューティーサロンの利用率・利用経験率は、2017年頃から落ち着いてきています。
しかし、利用回数と利用金額は増加しており、1回あたりの平均金額は5,000円弱とのこと。
年齢は20代、30代が多く、女性の約7%が利用しているようです。

株式会社リクルートライフスタイル調べ

社会の様子を見てみると、平成28年から29年にかけて女性労働者が45万人増加しているようです。女性の社会進出の影響もあり、身だしなみを気にする方も増えることが予想されます。
また、共働きの家庭も増えて自由に使えるお金にも余裕ができ、これまでつけまつげをしていた人、朝の時間に余裕がない人、すっぴんを気にする人、めんどくさがりの人に重宝されていることが予想されます。
働く女性の効率的な時間の使い方として、マツエクの伸び代も期待できそうです

参考サイト:厚生労働省調べ

労働政策研究・研修機構調べ

正社員でも儲かる?サロンに就職した場合のアイリストの収入とは?

職種 給料
アイリスト 月給18〜25万(関西圏調べ)
ネイリスト 月給16〜25万(関西圏調べ)
エステティシャン 月給17〜30万(関西圏調べ)
美容師 月給16〜30万(関西圏調べ)
完全歩合給も多い

その他、美容関連職種と比較すると最低月給は高めです。
資格の有無を問わないネイリストやエステティシャンと異なり、国家資格+まつげの専門知識、技術が必要なので、就職までの障壁が高くなります。
(エステティシャンや美容師は月日をかけて複数の技術を習得していくこともあり、長い目でみて高給を目指せるようです。)

マツエクサロンの急増、国家資格が必須になったこともあり、現在はアイリスト不足とも言われています。ただ、マツエク自体の需要は衰えていないことから、従業員獲得のために育休や産休制度を整えるなど、ライフスタイルが変化しやすい女性も働きやすく整備するサロンが増えてきているようです。
これはネイリスト、エステティシャン、美容師も同様で、特に美容師は数年前までは週休1日というイメージが強くありましたが、週休2日制、週休3日制と選べるサロンも増えています。
サロンに就職すると、一定の保障を得ながらある程度の給料はもらえるのは魅力の一つ。

しかし、自営でマツエクサロンを開業すると、働き方も自由な上、さらに収入UPも?!
美容師免許を生かして、ヘアセットやメイクを行うことことができれば強みにもなります!

なぜ、自営?マツエクサロン開業で儲かる仕組み

商材の原価が安いため、利益が残りやすい!

商材 商材価格 片目60本ずつつけた場合
(両目120本)
人数 費用
グルー 約1カ月〜3ヶ月半 3000〜5,000円
まつげエクステ(シートタイプ) 0.1(約4600本) 約1,500円 38人 40円/人
0.15(約3,000本) 25人 60円/人
0.2(約2,200本) 18人 83円/人

まつげエクステ+グルーなど消耗品のみで考えると一人あたり約100〜300円
もともとサービス業はほとんど原価が必要なく、利益率が高いのが特徴。(その分、人件費が必要になります。)
選ぶ商材によって、さらに原価を落とすことも可能です。

例)まつげエクステをばらタイプにする etc…
シートタイプと比較すると毛流れを整える必要があるため、手間はかかるが1人あたりのコストは更に抑えられます。
グルーは、速乾性、敏感肌用になると少し割高です。

利益率が高い

自宅開業であれば人件費、固定費(家賃など)の支出を減らすことができ、さらに利益率をあげられます。

例)月の売上100万 経費30万 = 利益率70%

在庫不要だからリスクが少ない

食材のように消費期限もなく、大量の在庫を抱える必要もありません
唯一、グルー(専用の接着剤)はデリケートな商材のため、1カ月〜3カ月程度の使用期限がある場合も。グルーは仕上がりや持ちにも影響するため、温度・湿度管理のもと一定の条件下で保管する必要あります。(粘度が上がり、装着しにくくなると持ちが悪くなることも、)
価格は3,000〜5,000円程度なので、使用方法、保存方法を守り長持ちさせるよう工夫すると良いでしょう
使用期限内に使い切れる分のみ発注することがおすすめです。

アイリスト自営の年収はどのくらい?

年収=売上—経費=残り×12ヶ月分
開業方法 自宅
営業時間 8時間
営業日数(1カ月) 22日
メニュー(料金) 120本6,000円(1時間)
1日の来店人数平均 5名

1日の売上:6,000円×5名=30,000円
1カ月の売上: 30,000円×22日=660,000円
1カ月の経費:17万

家賃0円/材料費5万円(1,500円のシートエクステ太さ・カールそれぞれ3種類、グルー2本)/光熱費3万/通信費1万/消耗品3万/広告宣伝費5万 

1カ月の利益: 660,000円- 170,000円=490,000円
年収:490,000円×12カ月=5,880,000円

上記のシュミレーションは来店人数によって変動します。リピート率をあげていかなければ毎月一定の収入を得るのは難しいのも事実です。
利益を増やしつつ出ていくお金(支出)を調整して、固定客を増やしていけると良いでしょう。

こんな人が向いている!アイリストの仕事

授業内容について

  • ・手先が器用な方
  • ・細かな作業が得意な方(好きな方)
  • ・丁寧に作業ができる方
  • ・コツコツと作業に打ち込める方(集中力が高い方)
  • ・美容に興味がある方
  • ・美容師免許所持者
  • ・向上心がある方
  • ・人に喜んでもらうことが好きな方
  • ・接客業経験者
  • ・コミュニケーションが得意な方
  • ・追求心が有る方

お客様によってまつげの生え癖、好み、目的が異なります。
「どうすれば持ちがよくなるのか」「どんなデザインなら満足してもらえるのか」満足度をあげるためにはカウンセリングも重要です。
流行を先取りできるよう情報収集も行いましょう。

オーナー人気No.1!のカウセリング講座

  • お客様に喜んで欲しい
  • サロンのファンを増やしたい
  • 苦手意識克服したい

という方のための短期講座
カウンセリングUP講習

まずは体験からという方

カウセリングUP講習について詳しくはこちらから>>>

もっと実践のテクニックを身に着けたいという方

カウセリング講座について詳しくはこちらから>>>

マツエクでの自営でデメリットはある?

どの職種でも共通しますが、自営は自分自身が頑張らないと保証はありません
頑張って結果が出た分が収入となります。人の手を使うので人件費が必要な上、マツエクだけで売上を上げるには営業時間を延ばしていくしかありません。そのため、少しずつその他のメニューを取り入れるサロンが多くなります。

初めての開業であれば、まずは副業から始めるのがおすすめです。広いスペースは不要のため、自宅や週末のみ、レンタルサロンでも始められます。現在の仕事と並行して行い、安定してから転職するのもひとつです。事業は小さくはじめ大きく育てるのが鉄則です。

よくある失敗例

  • ・計画・リサーチ不足(ターゲット、コンセプトなど)
  • ・初期投資が大きすぎた
  • ・経営知識がなかった
  • ・価格設定 etc…
「安く、丁寧に」をモットーにしたサロン様例。
集客はできるものの忙しいだけで利益にならず。工夫はされたものの効果検証期間も短く、うまくいかないことを他責にしてしまい閉店となってしまいました。起業している自覚や覚悟が足りなかったことも原因です。
開業自体は気軽に行うことはできます。また、安くすれば日銭は稼げますが長く存続していくには覚悟が必要です。エステより反響が入りやすいので落とし穴に落ちていても気が付きにくいこともあります。

マツエク自営で得られるメリットとは?

自宅エステサロン開業で成功するための4つのポイント

副業としてもOK!今の仕事を続けながらはじめられる

いきなり転職となると、不安を抱える人もいるのではないでしょうか?
マツエクサロンの場合、まずは副業として現在の仕事を続けながら、空いた時間、休みの日から始めることができます。場所は、リクライニングの椅子を設置するスペースがあれば問題ありません。(ただし、保健所への届出は必要です。)
少しずつ無理のない範囲から始めることで、経営、運営方法も学べます。
リピーター、売上ともに安定してから転職することで不安が減ります。

働き方、生活の自由度があがる

軌道に乗れば選択肢が広がる自営業。将来的に経営者を目指すことも可能です。
初めは苦労がありますが、ライフスタイルが変化しても柔軟に対応できるのも魅力。
(技術、経験があれば正社員になるという選択肢も残されています。)
アイリストは美容師と異なり、1人のお客様に対し1人の施術者が担当します。
掛け持ちなどもなく、落ち着いて作業ができ体力、精神面も安心です。

リスクを最小限にスタートすることができる

場所さえあれば必要な備品も限られているため開業資金も少なく始めることができます。
周りの友人からはじめて口コミを集め、レンタルサロン、出張などからはじめるのもひとつ。
お客様もついてきて起動にのれば、店舗を構えるなど目的に沿った方法で進められます。

マツエク自営で儲かるサロンを開業するには?

必要なもの

  • ・美容師免許(施術をしないオーナーの場合は不要)
  • ・美容所登録
  • ・民間資格(任意)
  • ・(2人以上の場合)管理美容師免許
  • ・開業届も提出し、確定申告

開業届の書き方について詳しくはこちら>>>

必要資金(10〜15万円※自宅開業の場合)

まつげエクステ、施術ベッド、ツイザー(ピンセット)2本、グルー(まつエク用接着剤)、プライマー(前処理剤)、リムーバー(除去剤)、照明、サージカルテープ、施術用椅子、ワゴン、綿棒、コットン、精製水、消毒剤、エアブロア、コーム、スクリューブラシ、グルートレー、ベッドシーツ、タオル、おでこ用タオル、ピロー

開業方法

まずはリスクの少ない、自宅やレンタルサロンがおすすめ
自宅の場合は美容所登録ができるか確認しましょう。
ただし、プライバシーの問題から住所詳細を掲載できないなどのデメリットもあり工夫が必要です。

美容所登録について詳しくはこちら>>>

広告宣伝

インターネットを活用する方法は外せません。
成果報酬型の広告も多くサロンも損をしにくい仕組みも充実してきています。
無料ツールなどと組み合わせてターゲットにあわせて活用しましょう

サロンを開業したときの集客方法について詳しくはこちらから>>>

マツエクで開業する方法について詳細はこちらから>>>

マツエク自営で本当に儲かっているのか?マツエクサロンを開業されたサロン様へインタビュー

制度を活用して開業されたサロン様例
まつげエクステで起業し毎月60名の方に通っていただいたサロン様。
お客様からフェイシャルメニューを入れて欲しいと要望があったことがきっかけにメニューを追加し、サロンを運用されています。
まずはまつげエクステでサロンに通ってもらいお客様と信頼関係を築かれました。
その後、目元以外でご要望の多いメニューを導入していくことで、お客様のニーズとずれができることもなく、確実に単価を伸ばしていかれています。

マツエクの自営で儲かるために大切な3つのこと

自宅エステサロン開業準備を始める前に知っておきたい注意点

リピート率を大切に!

新規顧客を獲得するコストは、既存顧客を維持するコストの5倍かかるといわれています。(1:5の法則顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善されるという「5:25の法則」があるように、サロンを運営していく上でリピート率は重要です
価格以外のサービスや接客で他店との差別化を図り、飽きない、また通いたくなるサロンへの努力を行いましょう。

例)
継続割/ポイントカード/会員制度/次回予約/紹介特典/お礼の手紙/イベント/
アフターフォロー

インターネットをフル活用!

年代問わず、ネット予約の利用率は約80%以上あるようです。

例)
継続割/ポイントカード/会員制度/次回予約/紹介特典/お礼の手紙/イベント/
アフターフォロー

リクルート調べ

お客様が思い立ったタイミング予約をとることができるようにホームページを開設したり、SNSで窓口を作るなど、整備しておくと良いでしょう。ネット上では、適切な場所に適切なタイミングで表示され、閲覧してもらえることが重要です。
ためになる興味をもたれやすい情報を積極的に発信し、定期的にお客様と接触する機会を設け、認知度UPや信頼獲得のために活用しましょう。

メニューを展開し、単価を上げる

原価が安いマツエクですがそれだけで儲かるか?となると、以前に比べ値段が下がってきているのは事実です。成功しているサロンはマツエクだけではなく、他のメニューや化粧品販売をうまく取り入れられています。
マツエクは反響が上がるので、そこから別メニューでも来店して貰える仕組みを作っておくと良いでしょう。

マツエクの技術を学ぶなら!

まつ毛エクステンション1日講習
フォレストエステティックスクール「まつげエクステ講習
フォレストエステティックスクールでは、現役アイリスト現場経験豊富な講師が在籍。
単に技術をお伝えするのではなく、「お客様に喜んでいただける技術と知識」に加えて「カウンセリング」など選ばれるアイリストになるため必要なことに重点をおき、ご提供しております。

フォレストエステティックスクールで学ぶメリット

  • ・セミプライベート制レッスン
  • 選べる曜日と時間
  • ・短期習得
  • 無料開業サポート
  • ・2000店舗以上の開業実績
  • ・講師は全員10年以上のベテラン
  • 無料開業セミナー開催
「サロンはどうやって開業したらいいの?」
まずはサロンの開業方法について知りたい方は、開業セミナーからのご参加がおすすめ!
参加料無料。お気軽にご参加ください。

開業セミナについて詳しくはこちらから>>>

レッスンの様子

まつげエクステレッスンの様子
まつげエクステレッスンの様子
まつげエクステレッスンの様子
まつげエクステレッスンの様子
まつげエクステレッスンの様子

受講者の声子

美容師免許あり、子育てで美容師をやめて10年以上。
いまさら美容師には戻れないが、友人のやっている美容室でまつ毛エクステを始める事となり、マツエクで社会復帰したいと考えて受講されました。
初めは3時間からスタートしてやっていけるか判断し、その後人でのレッスン、アイリスト講習へと進み晴れて入客出来るようになりました

「まずは体験からしてみたい!」という方のために、体験講習をご用意しております!商材付きで、受講後もご自宅で練習可能!

まつげエクステ1日講習について詳しくはこちらから>>>

まとめ

これからマツエクを初めたい方、サロンを開業したい方、何から初めていいかわからない。という方はご相談ください。
現状をお伺いし、「何が必要か」「どこから始めるといいか」を考えご要望にあわせたプランをご提案させていただきます。
まずはマツエクを体験してみたいという方は「まつげエクステ1日講習」に起こし下さい。
どなたも無料で参加いただける開業セミナーも随時開催中
お気軽にご参加ください。

→フォレストエステティックスクールの開業支援について
→フォレストエステティックスクールの開業セミナーご紹介ページ

エステスクールを決めた理由・目的とは!?

エステティシャンが選ぶエステスクールNo.1 エステサロン開業支援 顧客満足度No.1
受講生の声や様子&授業内容を発信中!簡単に受取る方法
ブログを通じて、受講生の様子や声、講師の考えをまとめた授業風景の情報を発信中です。
Twitter・Facebookでも発信しているのでお好みの方法をお選びいただければと思います。
  • 授業風景でわかること

    • ・他の受講生は何を目的に、どういったコースを選んでいるのか?
    • ・他の受講生はどこの地域からスクールに通っているのか?
    • ・何故エステスクールに通うのか?利用するのか?
    • ・具体的にどのような内容を行っているのか?
    • ・講師はどんな人柄なのか?

その他美容に関する情報も発信しています。 ぜひご活用下さい!

Copyright © エステスクールのフォレストエステティックスクール All Rights Reserved.
Translate »