ブログ フォレストビューティラボ

エステ独学開業は可能?リスクと現実を徹底解明

「フォレストビューティラボ」ページチェック

フォレストビューティラボ

エステ開業ノウハウ

エステ独学開業は可能?リスクと現実を徹底解明

このページでは独学でエステサロンの開業を考えておられる方向けに、そのリスクと現実について解説しています。

こんな悩みはありませんか?

  • ・・「エステサロン開業に興味はあるけど、スクールに通うと時間も費用もかかると思うとなかなか踏み込めない」
  • ・・「エステサロンを開業したいが、資金が限られている・・・」
  • ・・「もう少し若ければスクールに通って開業したかった・・・」
  • ・・「仕事を続けながら、できるだけ費用を抑えて開業するならやっぱり独学?」

このようにお考えの皆様へ開業の秘訣をお伝え!
初めてのことに挑戦するのに不安や悩みは付き物。
失敗しないための秘訣は、小さく開業して大きく育てること。もしもの時のリスクを最小限に抑えておくと安心です。

「できるだけ節約!」という考え方は、経営者としてとても良く、大切なことです。
開業するためには様々な資金が必要となりますが、どのような部分は投資すべきか。逆に、どこは節約できるのか。事前に知っておくとリスクを最小に抑えたサロンづくりができます。

これから独学でエステサロン開業を検討されている方へ。
ご自身のレベルや理想に併せた方法を選択できるよう、ご参考になれば幸いです。

目次

1.独学でもエステサロン開業はできます!

2.エステサロン開業に際して知っておきたい現実

なぜ、すぐに閉店してしまうの?

3.エステサロン開業に有利な資格はあるの?

資格の種類

4.エステサロン開業パターン

自宅の空いたスペースを活用して開業する

店舗(マンションの一室等)を借りて開業する

5.独学でエステサロンを開業する場合

独学で開業するメリット

独学で開業するデメリット

6.エステサロンに就職し、経験を積んでから開業する場合

エステサロンに就職するメリット

エステサロンに就職するデメリット

7.エステスクールで基礎を身に着けてから開業する場合

開業のためにエステスクールに通うメリット

開業のためにエステスクールに通うデメリット

エステスクール選定のポイント

8.まとめ

1.独学でもエステサロン開業はできます!


エステサロンは独学でも開業可能です。
現在のエステティック業界は資格制度がないため、ご自身で必要な準備を整えることができれば開業も不可能ではありません。
ただし、逆を言うと誰でも「エステティシャン」と名乗ることができオーナーになれる職業でもあります。そのため下記のような印象を抱いている方が多く、未経験からの参入も多くなっています。

  • ・開業のハードルも低いし、簡単そう。
  • ・技術が上手ければ自然とお客様は集まって来るだろう。
  • ・指名してくれていたお客様がいるから、開業しても安心。

このような印象からか、多くの人がエステ業界に参入してきたことでライバル店も増え、開業してから継続していくことが難しくなっています。「誰でも開業できる」というのがメリットではありますが、制度が設けられていないせいもあって、エステティシャンの技術レベルがピンからキリまで差があるも事実。そのためエステサロンを選ぶお客様の目線も高くなっています。
技術は出来て当たり前。その他の部分でいかにして他店と差別化していくかが分かれ道となってきます。

技術を学ぶスクールに通うことにも不安がありますよね?

  • ・開業のためにお金をかけてスクールに通って、もしもサロンが上手くいかなかったら・・・。
  • ・年齢的にスクールに通うよりサロンに就職して働きながら学んだほうが効率的?

など

このようにお考えの方も少なくありません。

いざ開業!となると、エステサロンを「開業すること」を目標としてしまいがちですが、実際は長く経営していけるサロンの基盤を築くことが第一。エステ業界の現状を把握し、長く経営していけるサロンにするためには何を勉強(取得)すべきか、どの程度の知識が必要か理解しておきましょう。

2. エステサロン開業に際して知っておきたい現実

エステサロンは全国に登録されているだけで5877店舗(平成14年 経済産業省調べ)と言われています。フリーペーパーなどを見ても、同じようなメニューを取り扱うサロンが多く紹介されており、飽和状態にあることが見受けられます。
そのような中で1年以内に6割、3年以内に9割のサロンが閉店しているのが現実です。
「広告を出稿したら自然にお客様は足を運んでくれるだろう」という考えでは、お客様が来ない=売上が上がらず経営困難に・・・ということも考えられます。

なぜ、すぐに閉店してしまうの?

  • ・他店との差別化ができず、お客様が来ない
  • ・市場調査やサロンコンセプトなど事前準備が不完全
  • ・技術のみに力を入れて勉強し、経営スキルは勉強していなかった

美容師などの場合は、一定の専門知識や技術レベルが伴わなければ国家資格を取得できません。国家資格を取得しなければ「美容師」と名乗ることができず、習得したスキルから報酬を得ることを禁じられています。
エステティシャンは制度が設けられておらず簡単に参入出来るが故に、市場の様子や知識も不十分なまま開業し、開業後に壁にぶつかって解決方法もわからず衰退してしまっている・・・なんてことも考えられます。

まずは失敗例を学び備えておくと安心です。リスクを最大限減らし成功する仕組みを整えておくと良いでしょう。

エステ開業失敗事例については詳しくはこちらから>>>>

3.エステサロン開業に有利な資格はあるの?


上述したとおり資格保持は必須ではありません。
しかし、他店との差別化や一定の技術力証明のために資格は有効です。資格が必要ない業界だからこそ、所持していると信頼にも繋がります。

認知度の高い協会の資格をとるためには、一定期間認定校に通うか実務経験歴が必要となります。独学でこれらの資格取得を目指す場合は、一旦エステサロンに就職し実務経験を積むことになります。少々時間は要しますが、サロン業務を経験しながら資格取得の勉強もでき効率的です。
ただし、資格取得に必要な手技とエステサロンの提供している手技は異なる場合も多く、併用して覚えなければならない場合は、相応の努力が必要となります。働きながら勉強やレッスン時間も確保しなければなりません。どの程度なら両立できるか、ご自身のキャパを判断しベストな方法を選択しましょう。

資格の種類

一般社団法人日本エステティック協会

1972年の設立以来、10万名以上のエステティシャンが活躍している協会。

  • ・認定トータルエステティックアドバイザ−
  • ・認定上級エステティシャン
  • ・認定エステティシャン
  • ・認定フェイシャルエステティシャン
  • ・認定ボディエステティシャン

一般社団法人日本エステティック業協会(AEA)

1987年に「全日本エステティック業連絡協議会」として設立。

  • ・AEA認定インターナショナルエステティシャン
  • ・AEA上級認定エステティシャン
  • ・AEA認定エステティシャン

一般社団法人CIDESCO-NIPPON

1946年にベルギーで設立された、エステティックの教育機関として世界的に認められた国際団体。世界30カ国以上の国が加盟。

  • ・Beauty Therapy Diploma 取得方法
  • ・Aromatherapy Diploma 取得方法
  • ・Spa Therapy Diploma 取得方法

上記の他にも、仕事を続けながら資格取得を目指す方や、学校に通う時間がないという方には、短期スクールやセミナー・講習でディプロマを取得する方法もあります。用途にあわせて決定すると良いでしょう。

4.エステサロン開業パターン

今の生活を優先し、その範囲内でエステサロンを経営したいのか。将来独自の店舗を持ちたいのか。独自の店舗を持つ場合でも、自宅サロンから初めて資金とファンを作り、安定してからお店を出店するという選択もあります。資金や環境、目的を踏まえて選択しましょう。

自宅の空いたスペースを活用して開業する

  • ・時間の融通が利きやすい。
  • ・家賃が必要なく、開業資金を抑えることができる。
  • ・所在地を明記することに不安が残る。(お客様にとっては、分かりづらい)
  • ・ベッド数に限りがあるため、売上の天井が決まる。
  • ・同居する家族の協力が必須。

空いた時間に趣味やおこづかい程度に始められたい方や、お子様や家庭をお持ちの方が多い傾向にあります。自宅サロンの場合、普段も生活するご自宅に人を招くことになるため、近隣の方の理解やお客様との信頼関係が重要となります。

店舗(マンションの一室等)を借りて開業する方法

  • ・仕事とプライベートのメリハリがつく。
  • ・開業場所を選択できるため、ターゲットとしている層の流入が図れる。
  • ・スタッフの人数やベッド数に応じて売上を伸ばしていくことも可能。
  • ・スタッフを雇えば経営に集中できる。
  • ・開業資金が高くなる。
  • ・人を雇う分、売上を伸ばさないと赤字になる可能性も考えられる。

マンお住まいでご自宅での営業が難しい方や、主なお仕事としてスタッフを雇って売上を上げていかれたい方等に多い傾向にあります。経営が軌道に乗るまでの間は固定費をできるだけ抑えておくと安心です。

どちらの場合においても、お客様お一人お一人の肌状態に合わせて施術し、効果を出していく必要があります。技術と接客の両方で信頼関係を築いていくことを心がけましょう

独学で本やセミナー等から、症例や知識取得することも可能です。
ただし、すべての症例を頭に入れて準備しておくことは難しく、準備を整えてから開業となると時間がかかります。必要最低限の不可欠な知識のみ頭に入れておき、その時々で助言をもらえる相談先があると安心です。
当校の開業セミナー(無料)に参加して事前準備の点検をしてみる

エステスキル習得方法には独学だけでなく、エステサロンに就職・エステスクールに通う等様々な方法があります。それぞれのメリット・デメリットを理解し、あなたに合った最良の方法を選択するとよいでしょう。

5.独学でエステサロンを開業する場合

独学で開業するメリット

  • ・資金を抑えることができる
  • ・自分のペースで進められる

独学で開業するデメリット

  • ・習得までに時間がかかる
  • ・わからない点の正否が自己判断になり、不安が残る。
  • ・相談やアドバイスをもらえる相手がいない
エステサロンを開業するためには、手技だけでなくお肌の構造や仕組み、使用する化粧品知識、経営や集客スキルと幅広く知識を身につけるのが理想的。

  • ・独学でどこまでスキルを身につけられるか。
  • ・お客様に自信を持って提供できるか。
  • ・モチベーションを保ちつづけることができるのか。
  • ・もしもの場合でも、ご自身で対応できるくらいの知識を身に着けられるか。

など、ある程度のリスクを想定し予め回避法を準備しておくと安心です。

他店のサービスを受けたり、インターネットやテキストなど様々な方法で情報を収集し、勉強することができます。「エステティシャンになりたい」という強い気持ちがあれば独学でエステサロンを開業することも不可能ではありません。

ただし、教科書にのっていない事例もたくさんあります。
同じ業界の人と繋がりを持つなど常に情報収集し、向上し続けるモチベーションは必要です。

6.エステサロンに就職し、経験を積んでから開業する場合

開業のためにエステサロンに就職するメリット

  • ・最新の美容情報を習得できる。
  • ・大まかなサロン業務内容を、開業前から経験し把握できる。
  • ・接客スキルを学べる。
  • ・わからないことはすぐに聞くことができる環境にある。
  • ・様々な事例・症例を学べ、対処法も身に付く。
  • ・同じ業界の人と繋がりを持てる。
  • ・開業前の段階からあなた自身のファンを作ることができる

開業のためにエステサロンに就職するデメリット

  • ・必ずレッスン時間が確保されるとは限らない(技術習得までの時間が不明確)
  • ・勤務時間外のレッスンの場合もあり、ハード
  • ・サロン(担当者)によって教えてもらえる技術がまちまち
  • ・自宅での勉強も必要
未経験OKの求人もたくさん存在します。
エステサロンに就職した場合、日々の業務を行いながら空いた時間や就業前、就業後にレッスンを行うのが一般的。技術を教わり、練習→社内の既定(テスト等)をクリアして初めて入客という流れが多いでしょう。

ただし、エステサロンで学ぶのとは異なり、講師は技術を教えるプロではない場合もあります。現場の先輩スタッフが指導にあたるため、担当者によって指導方法が違うなんて可能性も。
また「レッスン有り」と記載があっても、サロン業務が忙しくなかなかレッスンをすることができなかったり、習得したい技術と違った!ということもしばしば。

どの程度の技術を身に着けたいのかを明確にし、入社前の段階でレッスン(OJT)制度が整っているかどうか確認しておくと良いでしょう。(大手のサロンになると、入社後一定期間勉強期間が設けられており、みっちり勉強できるところもあります。)

本来、エステスクールに通うと料金が発生する大切な技術。基本はお給料が発生している「仕事」という意識を忘れず、「教えてもらっている」という気持ちで、ご自身での努力も必要不可欠です。日々の業務のことレッスン内容などサロン以外でも自宅で勉強も必要だと心がけておくと良いでしょう。

7.エステスクールで基礎を身に着けてから開業する場合

京都校でいつも頑張って下さっているI様のレッスン風景をご紹介。

開業のためにエステスクールに通うメリット

  • ・基礎知識をしっかり習得できる。
  • ・効率よく勉強できる
  • ・予めスケジュールが組まれているため、習得までの時間が明確。開業の事業計画も立てやすい。
  • ・テストなどが設けられているため自身の知識レベルを確認でき、得意・不得意が明確化→自信に繋がる
  • ・モチベーションを保つことができる。
  • ・技術以外のサポート制度を活用できる

開業のためにエステスクールに通うデメリット

  • ・費用がかかる。
  • ・一定期間通わなければならない。
  • ・時間の融通が利きにくい。
エステスクールに通うとなるとまとまった費用は必要となります。
しかし、結果として開業への近道になりやすいのも事実。いざ開業!となった際には開業支援制度等を活用し、本来1人で対応しなければならないこともスクールが担ってくれたり、悩み事を相談しながら決定していけるので負担も軽減されます。無駄な時間や労力を使わずに済むなどメリットもたくさん。始めにしっかりとした知識を身につけておくことで、後のトラブル回避にもつながり不安を残すこともなくなります。

技術習得までの時間短縮・技術への自信・将来への保険として考えると、技術を身に着けつつもしもの時の安心材料への投資と考えるのも良いでしょう。

エステスクール選定のポイント

過去の実績

卒業生の数や、卒業後の就職先、開業実績等

講師の実績と相性

実際にスクールに訪れて話を聞いたり、体験レッスンに参加し体感すると良いでしょう。

サポート制度の有無

開業支援制度や就職先の紹介、インターン制度、卒業後のサポートがあると安心です。

卒業生の様子

どんな悩みを抱えて入学し、現在はどのような状態か。授業の評価など。ご自身が理想とする状態になれるかどうか判断できます。

取得できる資格

ただ、技術を教えるためのスクールなのか。技術だけではなく、開業した時に役立つ情報や知識も教えてくれるのか。アフターフォローの有無でその価値は何倍にもなり得ます。その時の価格のみで判断せず、先を見据えて必要としているものは揃っているのかを確認し判断すると良いでしょう。

8.まとめ

技術や理論を習得するだけあれば、独学でも十分可能です。
ただし、エステサロンを開業し長く続けたいと考えているようであれば、独学だけでは厳しい業界になります。高度なスキルと知識は必要不可欠で、相応の努力と時間がかかります。
またお金をいただきサービスを施すと考えた場合、あなたが不安なく自信を持って技術を提供できるかも重要です。目的に合わせて就職して経験を積んだり、ご自身で補えない部分はスクールに通って学ぶという方法も検討されると良いでしょう。

フォレストエステティックスクールでは、エステサロン開業のためにどのような準備が必要か。どうやって集客していけばいいかなど、漠然としている状態を明確なものへと変えていただくため無料で開業セミナーを開催しております。
独学で開業を目指している方にも、活かしていただける内容をたくさんご紹介。セミナーにご参加の上、独学でやっていけるかどうか。どの方法で勉強していくのがご自身のベストなのかを判断していただける機会になるのではないかと思います。

サロン勤務経験のある講師が多数在籍しており、疑問やお悩みを質問いただくこと可能です。
ぜひ一度、ご参加してみて下さい。

→フォレストエステティックスクールの開業支援について
→フォレストエステティックスクールの開業セミナーご紹介ページ

エステスクールを決めた理由・目的とは!?

受講生の声や様子&授業内容を発信中!簡単に受取る方法
ブログを通じて、受講生の様子や声、講師の考えをまとめた授業風景の情報を発信中です。
Twitter・Facebookでも発信しているのでお好みの方法をお選びいただければと思います。
  • 授業風景でわかること

    • ・他の受講生は何を目的に、どういったコースを選んでいるのか?
    • ・他の受講生はどこの地域からスクールに通っているのか?
    • ・何故エステスクールに通うのか?利用するのか?
    • ・具体的にどのような内容を行っているのか?
    • ・講師はどんな人柄なのか?

その他美容に関する情報も発信しています。 ぜひご活用下さい!

Copyright © エステスクールのフォレストエステティックスクール All Rights Reserved.