ブログ フォレストビューティラボ

エステ独立開業の真実!失敗から学ぶ本当に必要なスキルとは?

「フォレストビューティラボ」ページチェック

フォレストビューティラボ

エステ開業ノウハウ

エステ独立開業の真実!失敗から学ぶ本当に必要なスキルとは?

エステティシャン歴数年。お客様が定着しはじめ、お客様に喜んでいただけることに日々喜びを感じておられる頃。これまで培ったきた技術や接客に自身がつき、「もっと自分らしく働ける環境で自分が思い描くサービス提供を!」「さらにお給料も増やしていきたい!」と考え、独立や開業を視野にいれている方も多いのではないでしょうか。
エステサロン独立開業は、比較的容易に行うことができます。しかし、収入を得るためには、サービス提供の他、サロンを継続するための売上管理や集客など経営まで行っていかなければいけないのも事実。

  • ・あなたが想像する独立や開業の理想と、現実がマッチしているか。
  • ・エステで独立開業するためにはどのようなことを身に着けなければならないのか

これからエステサロン独立開業を目指す皆様のご参考になれば幸いです。

目次

1.エステサロン独立・開業にこんなイメージありませんか?

2.エステサロン独立・開業の現実

2-1. 独立・開業後の月収は?

3.エステサロン開業の失敗事例

3-1.コンセプトがあいまい(わかりづらい)

3-2.長年エステティシャンをやってきた経験だけで開業

3-3.大手サロンと同じ方法を実践

3-4.経営について知識がない

4.リピート率をあげるには?

4-1.個人サロンのメリット

4-2.個人サロンのデメリット

5.エステサロン独立開業のステップ

5-1.事業計画書の作成

5-2.開業場所決定(自宅、賃貸、テナント等

5-3.サロンコンセプト決定

5-4.メニューや取扱い商材(機器)の決定

5-5.価格設定

5-6.開業資金調達

5-7.集客方法の決定

6.エステサロン独立・開業方法

6-1.独学で開業する

6-2.フランチャイズ制度を活用する

6-3.開業支援制度(独立支援で制度)を活用する

7.大切なのは「経営ノウハウ」を身につけること!

8.まとめ

1.エステサロン独立・開業にこんなイメージありませんか?

  • ・独立したほうが儲かる
  • ・実務経験(サロン経験)があるから経営もなんとかやっていけるだろう
  • ・自宅開業ならリスクも少ない
  • ・技術・接客には自信あり!独立しても指名のお客様はついてきてくれるだろう
  • ・ホームページやフリーペーパーに乗せていたら集客できるだろう
  • ・口コミでお客さんが集まるだろう

個人サロンの売上は、技術面はもちろん経営者の経営能力に依存します。売上のすべてが手元に残るわけではなく、経費や運転資金、新たなメニューやサービスへの勉強資金等を差し引いた額が収入となります。エステサロンの正社員であれば、福利厚生が充実していたり毎月安定した収入を得られますが、独立開業後のお給料は良くも悪くもあなたの頑張り次第です。
最低限の設備(エステベッド、機器、化粧品、消耗品など)や、内装(インテリア)、広告費と多からず開業資金は必要で、リスクも伴います。

エステサロン勤務経験があったとしても経営方法を知らずに、開業や独立後に悩まれる方もしばしば。大手サロン、テナント店舗、チェーン店、個人サロンそれぞれで経営手法も異なるため、サービス内容や集客方法も変えていかなければなりません。

  • ・独立・開業をすることで、本当にあなたの理想に合った働き方ができるのか。
  • ・目標利益をだす見込みがあるのか。
  • ・どのような方法で独立・開業すると良いのか。

まずはエステサロン独立開業の現実を知ることからはじめましょう。

2.エステサロン独立・開業の現実

エステサロン独立・開業のために国家資格など特定の資格を取得する必要はなく、年齢不問です。
資金があればだれでも簡単に独立・開業することができます。難しいのは経営を継続し、利益を出し続けること。開業したエステサロンの半数は1年以内に、90%以上が3年以内に閉店しているのが現実です。比較的参入しやすい職種ですが、数多くある競合店舗他に負けないスキル(技術・接客・カウンセリング・営業)が必要となります。

独立・開業後の月収は?

月収=売上—経費となります。
起業してから3〜5年ほどの事業計画を立て、経営者としてモチベーションを維持し続けなければ赤字になってしまうことも。特に開業当初は赤字になりやすいことを理解し、予め運転資金(サロン運用の為の資金、生活資金)を用意しておくと安心です。

安定した経営をしていくためには

  • ・月々のノルマ(売上目標)を設定
  • ・1日に何人集客しなければならないのか
  • ・1人あたりの売上単価

等、日々着実に達成していくことが大切になります。ただし、経営が軌道にのるとお給料の上限はありません。

売上はお客様の満足度と比例します。お客様に満足していただいて初めてお店が成り立ちます。数字(売上)ばかりに目を向けるのではなく、お客様に喜んでもらうことを基準にサービスを工夫すると売上に繋がりやすいでしょう。

3.エステサロン開業の失敗事例

コンセプトがあいまい(わかりにくい)

あれもこれもと様々なメニューを扱ったり、どんな人に来てもらいたいのか。お店の売りは何なのか。オーナーであるあなたがはっきりと応えられる状態でなければ、お店の魅力は伝わりません。魅力が伝わないとお客様も行く価値を感じず、数多くあるサロンの中に埋もれてしまいます。
一貫性を失わず、ぶれないサロン作りがポイントです。あなたのサロンならではの色を出し、他店との差別化を図りましょう。

長年エステティシャンをやってきた経験だけで開業

エステサロン独立開業に経歴は関係ありません。勤めていたサロンでどんなに指名数を稼いでいても、どんな技術に定評があっても一歩サロンを出ると通用しないこともしばしば。
お客様に選んでいただくこととサロンを経営していくことは全く別物と認識し、準備を整える必要があります。

大手サロンと同じ方法を実践

大手のサロンとはスタッフの人数や業務体制、部屋数から全て異なります。なにより利用するお客様が求めていることが異なります。上手くいっているサロンと同様にするのではなく、あなたのサロン規模・ターゲットにあった手法を実践しましょう。

経営について知識がない

お客様に長く通っていただくためには、継続して利益を上げ上手に資金繰りをおこなっていく必要があります。売上管理だけでなく、新しい顧客獲得方法、サロンを存続させるための仕組みづくり等、選び続けられるサロンであるための経営戦略を常に考えなければいけません。勤めていたサロンである程度の管理を行っていたとしても、サロン規模やコンセプトが異なれば成功するために必要なことも異なります。技術スキルと併せて経営スキルも必須です。

技術のみの提供でサロンスタートし、リピートが上手く取れず経営に行き詰ってしまうケースがよくあります。お客様からお金をいただく上で、技術はできて当然。どんなに良い接客をしても技術が上手くないとリピートしてもらえません。
独立してエステサロンを経営していく場合、「如何にリピートしてもらうか」が成功の鍵となります。

4.まずは、個人サロン特徴を理解しましょう。

まずは、個人サロン特徴を理解しましょう。

4-1.個人サロンのメリット

  • ・ひとりひとりにあったサービス、技術の提供ができる
  • ・柔軟に対応できる
  • ・一度信頼関係ができると強い
  • ・プライベート感、アットホーム感
  • ・お客様からのご意見を反映させやすい

4-2.個人サロンのデメリット

  • ・急な予約に対応しづらい
  • ・キャンセルが致命的
  • ・自己管理が大切(代わりがいない)
  • ・信頼、安心感がないところからのスタートのため来店までが難しい(警戒されやすい)

フォレストエステティックスクールでは、開業前のセミナーで「営業=接客・おもてなし」のお話をさせていただき、カウンセリングの必要性をお伝えしております。大手にはないきめ細やかなサービス提供で、お客様と強い信頼関係を築くことがポイントとなります。
それらの準備をしてきちんと接客する事で顧客の確保が出来き、独立・開業から半年で収益が50万までできているホームエステサロン様。オープンして3年になるスクール生徒様は、レンタルサロンから始めて店舗に進出、現在は2名のスタッフを雇って人気店になっておられます。

個人サロンならではの柔軟さを活かし、接客スキルを強化しましょう。

5.エステサロン独立開業のステップ

5-1.事業計画書の作成

独立開業後のサロンが継続して売上を上げ続けるために、どのように集客をするのか。毎月いくら利益を上げればよいのか等を具体的にしていきます。開業後はこの計画書をもとに(目標に)運営していくことになります。じっくり考えながら進めていきましょう。

エステ開業時に必要な事業計画の立て方について、詳しくはこちらから>>>

5-2.開業場所決定(自宅、賃貸、テナント等)

開業場所は集客していく上で重要なポイントになります。出店する場所によって行き交う人の多さも違えば、年齢層も異なります。初めに決定したターゲット層に併せて出店エリアを設定するのか。ご自宅の場合は、周辺エリアにはどのような人が多いのか。どのようなメニューを提供すると足を運んでもらえるかを調査し、サロンづくりに活かします。

エステ開業物件の選び方について、詳しくはこちらから>>>

5-3.サロンコンセプト決定

コンセプトが定まっていないと他店と比較した時に魅力が伝わらず、結果としてお客様に選ばれにくくなってしまいます。どんな目的を持った人に、なにを提供できるのか、あなたのサロンに行くとどのような結果が得られるのか等、できるだけ具体的にお客様がイメージしやすいコンセプトにすると良いでしょう。

5-4.メニューや取扱い商材(機器)の決定

ご自身の得意メニューを扱うのもひとつですが、ターゲット層の抱く悩みや近隣店舗の様子も調査することで、どのようなニーズがあるのか判断しやすくなります。お客様視点で考え、周辺地域で扱っていないメニューや機器を取り入れるのも有効です。価格競争に巻き込まれないよう独自のコースを設けると良いでしょう。

エステ開業メニューの決め方について、詳しくはこちらから>>

5-5.価格設定

ターゲット層の生活スタイルから近隣店舗の価格設定、必要経費を考えて適切な価格を設定しましょう。

5-6.開業資金調達

予算を算出し、必要に応じて公的融資制度などを活用します。この時、事業計画書が役に立ちます。金融機関が最も重要視するところは返済できる収入が見込めるかどうかです。予定されるお金の動きが分かる資金計画書も準備しておくと良いでしょう。

5-7.集客方法の決定

ターゲット層の年齢や生活スタイルに合わせて、効果が得られそうな集客方法を選びます。現在はSNSの普及により、無料かつご自身で行える集客方法もたくさんあります。窓口を広げ、より多くの方に認知してもらえるよう勤めましょう。

エステ開業集客方法について、詳しくはこちらから>>>

その他、エステ開業に必要なものの詳細はこちらから>>>

6.エステサロン独立・開業方法

独学で独立・開業する

  • ・セミナーに参加
  • ・実際に開業者に話を聞く
  • ・本を読む

仕組み

商標と経営ノウハウを用いて事業を行う制度

メリット

  • ・低リスクで開業できる
  • ・費用を抑えられる
  • ・開業時からブランド名の信頼感を得られる
  • ・経営アドバイスを受けられる

デメリット

  • ・正解がわからない
  • ・時間がかかる

フランチャイズ制度を活用する

仕組み

商標と経営ノウハウを用いて事業を行う制度

メリット

  • ・低リスクで開業できる
  • ・費用を抑えられる
  • ・開業時からブランド名の信頼感を得られる
  • ・経営アドバイスを受けられる

デメリット

  • ・一定のロイヤリティーを払わなければならない
  • ・柔軟性にかける

メニューや取扱い商材(機器)の決定

仕組み

開業までの様々なサポートやアドバイスを受けられる制度

メリット

  • ・情報収集の負担軽減
  • ・専門知識をもったプロからアドバイスを受けることが出来る
  • ・独立しても相談出来る人がいる安心感

デメリット

  • ・用が必要な場合がある

独立・開業の時期や、必要にあわせて制度を活用するとよいでしょう。

7.大切なのは「経営ノウハウ」を身につけること!


日々のお客様へのサービス接客スキルはもちろんながら、数字意識を高く持ち経営力を身に着けることが大切です。
個人サロンでは、基本的に導いてくれる人はおらずご自身で判断し運営していかなければなりません。良い時もあれば踏ん張らないといけない時期もあります。良い時にはもしもの場合に備え、悪い時は良くなることだけを目指し常にモチベーションを保つ努力が必要です。

  • ・どうやったら新規のお客様に安心して来店してもらえるのか(見せ方の工夫)
  • ・どのようにすれば、リピートしていただけるか(接客、メニュー、技術、カウンセリング力、コミュニケーション力)
  • ・どのようにすると利益をあげられるか

事業計画書にそって長期的に利益をあげていけるよう、上手くいっているサロンや失敗例から学び、あなたのサロンにあったノウハウを形成していきましょう。

8.まとめ

フォレストエステティックスクールは、母体が商社であり直営サロンも経営しているため、美容ネットワークが広く幅広いサポートを実現しています。一人で不安な方、なにから初めて良いかわからない方の多くが開業支援制度を活用され、これまで2000店舗以上独立開業の実績がございます。この制度を利用してオーナーとして意識改革ができ、結果、生き残るサロンになります。
エステ未経験の方はインターン体験も可能。事前に1日の流れを習得でき開業前に不安を取り除くことが可能。

まずは完全無料のセミナーにご参加ください。お悩みや疑問を一緒に解決していきましょう。

→フォレストエステティックスクールの開業支援について
→フォレストエステティックスクールの開業セミナーご紹介ページ

エステスクールを決めた理由・目的とは!?

受講生の声や様子&授業内容を発信中!簡単に受取る方法
ブログを通じて、受講生の様子や声、講師の考えをまとめた授業風景の情報を発信中です。
Twitter・Facebookでも発信しているのでお好みの方法をお選びいただければと思います。
  • 授業風景でわかること

    • ・他の受講生は何を目的に、どういったコースを選んでいるのか?
    • ・他の受講生はどこの地域からスクールに通っているのか?
    • ・何故エステスクールに通うのか?利用するのか?
    • ・具体的にどのような内容を行っているのか?
    • ・講師はどんな人柄なのか?

その他美容に関する情報も発信しています。 ぜひご活用下さい!

Copyright © エステスクールのフォレストエステティックスクール All Rights Reserved.