ブログ フォレストビューティラボ

メンズエステ開業|選ばれるメンズエステを築く方法とは

「フォレストビューティラボ」ページチェック

フォレストビューティラボ

エステ開業ノウハウ

メンズエステ開業|選ばれるメンズエステを築く方法とは

メンズエステサロン開業を目指す方のための参考ページです。

昔は「エステサロン=女性」というイメージが強くありましたが、近年、男性の美意識が上昇し男性専門のエステサロンも見かけるようになってきています。
女性エステサロンと比較すると競合サロンも少ないため、これから開業される方で「メンズエステ」に着目された方も多いのではないでしょうか。
メンズエステサロン開業を目指す方へ、参考になれば幸いです。

目次

1.開業前に!まずはメンズエステについて知ろう!

メンズエステとは

2.メンズエステサロン開業がオススメな理由

メンズエステ業界の現状

こんな人におすすめ!メンズエステ開業に向いている人とは?

こんな人は失敗しがち!よくある失敗例

3.開業までの流れ

計画をたてる

メニュー決定

集客方法の決定

予算確定

4.メンズエステサロン開業の際によくある悩み

資格、届け出は必要?

プライベートサロンを開業予定だが、女性一人で開業しても大丈夫?

男性はどのような媒体から集客するとよい?

男性にはどのようにエステメニューが人気?

5.メンズエステサロンで成功するためには

男性心理に基づいた接客・サービスを

6.まとめ

開業前に!まずはメンズエステについて知ろう!

メンズエステ

メンズエステとは

メンズエステとは、男性向けのエステティックサロンのことを指します。
フェイシャル、ボディ、脱毛、痩身、頭皮ケアなど、メニューは女性と変わりありません。
近年ではニキビ、毛穴、乾燥肌に加えて、男性特有の髭の手入れによる肌荒れなど肌に悩みを感じ、女性と同様にきれいな肌・若々しい肌を保ちたいと願っている男性も多くなっています。

  • ・モテたい
  • ・接客業、営業職での身だしなみとして
  • ・コンプレックス解消
  • ・健康維持 など

様々な理由で多くの男性がメンズエステに通われています。

働く男性は忙しく年を重ねるほどに代謝も落ちます。昔と同じ様に動いても痩せられないなどの理由から、エステで手っ取り早く解決する!など、ダイエットの選択肢の一つにも入っているよう。
メンズエステは今やたしなみのひとつとなっています。

反面、まだまだ「エステは女性が行くもの」という印象を持っている方も多く、「男がエステなんて・・・」「大手だと行きにくい。」「初めてだと勇気がいる」など不安の声も多いようです。
このような点も踏まえ、男性でも気軽に行きやすいサロンとは何かを考える必要があります。また、女性と男性とでは身体の作りが異なることから、性別にあったトリートメントやメニュー設計が重要となります。

メンズエステサロン開業がオススメな理由

メンズエステ業界の現状

大手エステサロンがメンズエステに参入したこともあり2000年頃からメンズエステ市場は拡大し、専門サロンも年々増加しています。
2007年のエステティックサロン産業総市場の内訳で、全体の売上が2,388億円2,500万円(前年度比99.4%)と減少傾向にある中、メンズエステ市場は379億3,500万円(前年度比114%UP)と増加。(※株式会社DELTA i.D.総合研究所調べ
男性専用の化粧品、脱毛、エステサロンなど男性に特価した美容商材が多数開発されており、エステティック市場も男性へと範囲を広げています。
飽和状態にある女性と比較するとライバルも少なく成長の兆しがあり、これから開業する方は期待できます。

こんな人におすすめ!メンズエステ開業に向いている人とは?

  • ・資格やスキルはないけど、起業したいという夢がある
  • ・1人で開業したい
  • ・セラピストとして独立したい
  • ・開業資金をできるだけ抑えたい

年々増えるメンズエステサロンの需要を目の当たりにし、

  • ・開業するために特別な資格は不要
  • ・最低限の場所と備品、技術があれば自宅でも開業可能
  • 初期投資を抑えられる

などの理由から、他業種からの乗り入れや副業としても選ばれています。
オールハンドであれば、ランニングコストもかからずリスクも少なく開業できるのも特長です。

男性は一度ここ!と決めたら他店へ行かない方が多い傾向にあることから、

  • ・しっかりリピーターを確保したい
  • ・1人あたりの単価は高めで経営していきたい

という方におすすめ。
ただし、まだまだ認知度も低く女性ほど気軽に通える環境ではないため、集客には工夫が必要となります。

こんな人は失敗しがち!よくある失敗例

  • ・エステサロン勤務経験があり、女性のエステサロンと同じ方法で開業
  • ・クーポンサイトや広告を活用するとお客様は来るだろうと考えている
  • ・たった一人で準備し開業した(アドバイスをもらう人がいなかった)
  • ・根拠もわからず人から聞いた情報や調べた情報のみで開業

「開業する!」と決意したものの、何から始めていいかわからない。とりあえず情報を集めてみたけど、本当に正しいの?という方も少なくないのではないでしょうか。
エステティック業界の知識と経験のある方、開業や経営経験がある方の声は聞きましたか?
上手く行っている人の声や経験者の声は、これから起こり得るトラブルの回避、成功への近道にもなり得、経営のヒントがたくさん隠れています。

行動を起こす前の計画(準備)が大切!

フォレストエステティックスクールでは、開業を目指されている方のために無料でセミナーを開催しております。エステサロン勤務歴20年、首都圏で店長を勤めた経験のある講師から現役エステティシャンの講師まで在籍し、これまで2,000店舗を超えるサロン様の独立開業をサポートしています。さまざまな技術・知識を提供しているスクールだから、性別にあったトリートメントやメニュー設計などのご提案も可能となります。
漠然としていて不安がある、わからないことがわかないなど、情報を集めたい方もご参加可能。
東京、大阪で開催中。お気軽にご参加ください。

フォレストエステティックスクールの開業セミナーについて詳しくはこちらから>>>

メンズエステサロン開業までの流れ

計画をたてる

コンセプト

サロンコンセプトは経営方針にも繋がります。
どんな思いで開業し、お客様にどうなってほしいのか。開業しようと思ったきっかけや想いを振り返って整理し、一貫性が失われないようできるだけ具体的に決定しましょう。

ターゲット

サービスを利用していただくお客様のモデル像を決定します。
実際にその人物が存在しているかのように、年齢、性別、婚歴、職業、趣味、休日の過ごし方など詳細情報まで具体的に考え、リアリティのある架空の人物(=ペルソナ)を設定します。

例)40代前半、男性、既婚、大手アパレルメーカーの営業、ゴルフ、友人と食事・・・
お客様との打ち合わせや会社の同僚との飲み会が続き、体重の増加を気にしている。
仕事がなかなか忙しく運動できないが痩せたいという気持ちがある。アパレル業界だけにスタイルにもこだわり何とか痩せられる方法がないか探している etc…

ターゲットが決まると、どのようなサービスでどんな方法で集客していけば良いか、お客様にどんな言葉をかけてあげると心に響きやすいかが判断しやすくなります。
ターゲット層の友人や知人に直接インタビューをしてみるのもひとつです。

開業方法

自宅、マンション、店舗、それぞれメリット・デメリットを確認し、コンセプトや準備できる資金に合わせて決定しましょう。
できる限り予算を抑えるのであれば自宅やマンション、居抜き物件という方法もあります。物件を借りる場合は、開業地も重要になります。ターゲットとなる人はどのあたりに住んでいるか。職場はどのあたりか。どこにサロンがあると通いやすいのかなどを調査し、ペルソナに基づいて集客しやすい場所を決定しましょう。

メニュー決定

ペルソナはどんな悩みを持っていて、何に重きをおいているか等を調査し悩みを解決できるメニューを扱うと集客もしやすくなります。近隣に競合サロンがあれば、価格や集客具合を調べると参考にもなります。体力、技術面、資金に余裕がある方は、予算やメニュー構成に応じてエステ機器導入も検討すると良いでしょう。

エステ機器の選び方について詳しくはこちらから>>>

集客方法の決定

ホームページ、広告媒体等、ペルソナはどのようなものを利用しているか。
広告に頼ってばかりではなく、ご自身でも努力しつつ費用対効果を考え決定しましょう。

集客方法について詳しくはこちらから>>>

予算確定

施術に必要な備品、家具、ホームページなど、開業方法、メニュー、集客方法が決定すると必要なものが明確となります。必要なものを全て洗い出し、予算を算出しましょう。

エステサロン開業時に必要なものについて詳しくはこちらから>>>

フォレストエステティックスクールで技術を学ばれた方は、これら開業までの準備を無料でサポート致します。母体が美容商社、直営サロンを経営していることもあり、美容業界全体の動向やトレンドは常に把握。過去の実績、データを元にアドバイスさせていただけるのが強みです。提供できるエステ技術のコース数は業界No.1!(※自社調べ)
開業にあたりこれから技術も覚えたいという方は、ぜひご相談ください。

フォレストエステティックスクールとは>>>

メンズエステサロン開業の際によくある悩み

そもそも自宅開業と店舗経営なにが違うの?

資格、届け出は必要?

女性のエステサロン開業と同様、資格は不要です。
年令問わず誰でも開業出来る自由業に該当します。

プライベートサロンを開業予定だが、女性一人で開業しても大丈夫?

男性とふたりきりになる可能性が高いことから、防犯面の注意が必要です。
知り合いのみに限定したり、一見さんはお断りして紹介からはじめてみたりなど工夫すると良いでしょう。

男性はどのような媒体から集客するとよい?

インターネットを使う方が多く、ホームページやインターネット広告などを活用すると良いでしょう。

男性にはどのようにエステメニューが人気?

メンズエステで人気なのは脱毛、全身、ヒゲとご希望は多くなります。ターゲットとなる年代にもよりますが痩身のご希望やリラックスとしてのアロママッサ―ジも人気です。脱毛の範囲はVIOなどどこの範囲まで受けるのか、ボディのマッサージ範囲も同様です。

メンズエステサロンで成功するためには

自宅エステサロン開業で成功するための4つのポイント

男性心理に基づいた接客・サービスを

基本的に「綺麗になりたい」というのは同じです。例えばフェイシャルでは40代、50代の女性はシミのニーズが高く、男性は同じ年代ではシワが1番になります。見ているところが異なります。
また、女性がイメージやストーリー、共感を大切にするのに対して男性はスペックを重視する傾向にあります。これまで女性専門のエステサロンで働いてきた人にとっては、女性のエステティックサロンと同じ方法ではうまくいかない場合があります。
口コミより情報を比較する傾向があるため、サロンの強み、施術内容、得られる効果、金額や数字をはっきり示すなど工夫が必要になります。
多少値段が高くてもこだわりのあるものを購入する傾向にある

まとめ

性別によってニーズのあるメニュー、トリートメント方法、集客方法は異なります。
まずはターゲットとなる男性のことをしっかりと理解し、サービルや集客方法を工夫すると良いでしょう。
開業方法やエステ技術の習得についてもっと詳しく知りたいという方は、フォレストエステティックスクールが開催する開業セミナーへご参加下さい!どなたも参加無料のセミナーとなっています。すでに開業されている方もオーナー様も参加される、ためになる情報が満載!
お気軽にご参加ください。

→フォレストエステティックスクールの開業支援について
→フォレストエステティックスクールの開業セミナーご紹介ページ

エステスクールを決めた理由・目的とは!?

エステティシャンが選ぶエステスクールNo.1 エステサロン開業支援 顧客満足度No.1
受講生の声や様子&授業内容を発信中!簡単に受取る方法
ブログを通じて、受講生の様子や声、講師の考えをまとめた授業風景の情報を発信中です。
Twitter・Facebookでも発信しているのでお好みの方法をお選びいただければと思います。
  • 授業風景でわかること

    • ・他の受講生は何を目的に、どういったコースを選んでいるのか?
    • ・他の受講生はどこの地域からスクールに通っているのか?
    • ・何故エステスクールに通うのか?利用するのか?
    • ・具体的にどのような内容を行っているのか?
    • ・講師はどんな人柄なのか?

その他美容に関する情報も発信しています。 ぜひご活用下さい!

Copyright © エステスクールのフォレストエステティックスクール All Rights Reserved.
Translate »