ブログ フォレストビューティラボ

エステ開業、主婦が始めるエステサロンの実態

「フォレストビューティラボ」ページチェック

フォレストビューティラボ

エステ開業ノウハウ

エステ開業、主婦が始めるエステサロンの実態

結婚を機に仕事を離れた方や、お子様ができて専業主婦をされている方。
お子様の手も離れ始め、少しでも家庭の足しになればと仕事を探してみるも、実際は子育てをしながら仕事に出るのは難しいのが現実。
自分自身の都合で仕事が出来るよう考えた時、「自宅でできる仕事」=「自宅開業」を視野にいれられた方も少なくないのではないでしょうか。美容に関係するもので国家資格などが不要なものだと、エステが該当します。

ご自宅でエステサロンを開業すると、お小遣い程度からご自身のペースで収入を得ることができます。

これまで2000店舗を超えるサロン様の開業支援を行ってきたフォレストエステティックスクールだからこそ知る、未経験主婦から始めるエステサロン開業の実態をご紹介いたします。

ご参考になれば幸いです。

目次

1.主婦からエステサロン開業を目指すきっかけとは?

2.主婦に人気の自宅サロンの職種

ネイル

フェイシャルエステ

ボディエステ・リンパ・アロマ

ベビーマッサージ

3.どうやって始める?

4.自宅で開業する場合に必要な資格は?

開業届

その

5.自宅エステサロン開業資金はどのくらい?

家賃

内装

備品

消耗品

その他エステ機器や宣伝費

6.主婦が自宅でエステサロンを開業する際の注意点

価格設定

扶養の確認

融通がききそうだが、実際はお客様中心

プライベートとの線引

生活感を出さないよう工夫が必要

7.主婦がエステ開業で成功するポイント

適正価格の設定

勤める以上に働く覚悟で!

経営スキル

8.実際にエステサロンを開業した主婦の声

9.まとめ

1.主婦からエステサロン開業を目指すきっかけとは?

  • ・自宅でできる仕事を探している
  • ・エステが好き、興味がある
  • ・仕事をしたいが、子供の急な熱や用事で迷惑をかけたくない
  • ・家事や育児もちゃんとしたい
  • ・扶養範囲内で家庭の足しになる程度(おこづかい程度)で仕事がしたい
  • ・子供が学校にいっている間だけ(融通が効く)の仕事を探している
  • ・空いた時間を有効に活用したい
  • ・手に職をつけたい、長くできる仕事を探している

実際にこのような理由から、多くの方が結婚や出産後にエステスクールに通われておられます。未経験から技術を身に着けてエステサロンを開業し、家事や育児と両立され活躍されている主婦の方もたくさんいらっしゃいます。
自宅で開業すると休日や勤務時間などが自由に決定でき、上述したお悩みも解決できるのです。

それでもエステサロン開業となると多くの方が悩まれるのが

  • ・年齢(30代未経験でも技術を身に着け開業することはできるのか?)
  • ・期待する収入を得られるのか
  • ・一人で始めるのが不安
  • ・お客様は来てくれるか

もちろん自宅開業の場合代わりがいないため、サロン業務から運営まですべてご自身で行わなければいけません。しかしサロン経営が軌道にのると、勤めに出るより収入を得ることも可能です。
これから手に職をつけたい、長く続けられる仕事をお探しの方は未経験からでも始めるメリットがたくさんあります。

フォレストエステティックスクールでは、最高67歳の未経験主婦の方がスクールに通われてサロンを開業し、現在もサロンオーナーとして活躍されています。「お小遣い程度に・・・」と始められた方も、口コミで人気が広まり本腰をいれて2店舗目オープンなんてことも。
つまり、必要な技術とスキルさえ身に着ければ年齢や経験などは関係なく、誰でも成功できる可能性があるのです。エステサロン開業の現実を知り、理想にあった働き方ができるかどうか判断しましょう。

2.主婦に人気の自宅サロンの職種

ネイル

ネイルサロンに国家資格はありません。民間資格はありますが取得は必須ではなく、狭いスペースでも施術可能なため自宅サロンで始めやすいメニューです。
ジェルネイルの普及に伴いサロンも急増、安価で提供するサロンも増えています。一定の収入を得るためには技術レベルはもちろん、他店との差別化は必須です。
手先の器用さやデザインセンスが必要であり、近年オートネイルが導入され出していることから、今後はプリンターなどで自宅で簡単に出来るようになることが予測されます。除去の際のダストやアセトンのニオイもあるため、小さなお子様がいるご家庭は不安を頂かれる方もいらっしゃいます。

フェイシャルエステ

基本的に座った状態での施術になるため体力の消耗も少なく、年齢を重ねても続けられるのが特徴です。そのため幅広い年齢の方が参入されています。
技術提供はもちろんのこと、ホームケアとして化粧品(物販)を販売することで、利益率も上がり、安定して収入を得ることができるでしょう。
お着替えの必要もなく、ベッド1台分のスペースで開業可能です。

ボディエステ・リンパ・アロマ

癒し、疲れ、ダイエットなどさまざまな目的で訪れる人が多く、お客様のニーズに併せて最適な技術を取り入れ、あなたのサロンにしかないオリジナルのメニューを作ることも可能。ベッド1台分おける一室で行うことができます。

ベビーマッサージ

小さいお子様や赤ちゃんがいる主婦の方に人気のメニュー。
ご自身のお子様へのマッサージを目的に資格をとられ、お仕事として活かされる方も多いようです。同じ子育てをする身として悩みも共感でき、経験も活かすことができます。

このようにエステサロン開業といってもさまざまなメニューがあります。
まつ毛エクステも人気はありますが、美容師資格や美容所登録が必要となるため未経験の方が短期で開業するのは難しいのに対して、エステはこれらが不要です。どのメニューも国家資格は必要なく、スクールや通信教育で比較的短期間で技術を習得することができます。
化粧品の香りのみで気にならず健康問題も家庭内での仕事でも安心という点で、エステサロン開業をされる方が多いのが事実です。

3.どうやって始める?


未経験の方の場合、家事や育児の合間にエステスクールに通ったり、通信教育で学ばれる方がほとんどです。フォレストエステティックスクールは単位制を採用しているため、空いた時間にスクールで学び自宅で練習をしていただいて落とし込みます。生活スタイルに合わせてカリキュラムを組めるので時間を有効に活用していただき、無理なく技術を習得することができます。

その他、サロンに就職したりインターン制度を利用して業務の流れを掴みながら技術を習得するという方法もあります。最新ではシェアサロン(レンタルスペース)などもあり、技術を習得後すぐに独立し、資金と顧客が安定してきたところで自分のお店を持たれる方も増えています。

それぞれメリット・デメリットはありますが、大切なのはきちんとした技術と知識を習得しておくということ。個人エステは信頼がもっとも大切になります。スクールや通信教育で身につけられる場合は、開業するための「実践的な技術を学べるのか」「資格を取るためだけのレッスン」なのか。講師のサロン経験の有無によっても得られる情報量も異なります。開業のためのサポートや、開業後のフォローの有無も確認すると良いでしょう。

4.自宅で開業する場合に必要な資格は?

開業届

正式名称「個人事業の開廃業届出書」といいます。事業を開始して1ヶ月以内に提出します。期限内に提出しなくても罰則などはありません。
ただし、開業年度から節税効果の高い青色申告をお考えの場合、青色申告承認申請書の提出が必要となるため、忘れないよう同時に提出しておくと良いでしょう。

その他

まつ毛エクステを行う場合や針を扱う場合、シャワー設備を設置する場合などには保健所への申請も必要となる場合があります。

エステ開業必要な資格について詳しくはこちら>>>

5.自宅エステサロン開業資金はどのくらい?

家賃  0円

自宅開業の場合、家賃は必要ないため0円となります。

内装  10〜30万円

施術ルームの他、お部屋までの動線の内装を整えます。費用を抑えることもできますが、ご来店いただくお客様に生活感を与えてしまわないよう最低限の配慮は必要です。壁紙、カーテン、家具などで癒しの雰囲気を演出すると良いでしょう。

備品  数万〜数百万円前後

施術ベッド、椅子、ワゴン等 施術に必要なものを揃えます。取り扱うメニューに応じてエステ機器の導入も検討します。予算に併せてレンタルやリース契約などを活用すると良いでしょう。

消耗品 5万円前後〜

オイルや化粧品など消耗品も必要不可欠です。扱う商品によって価格は変動します。できるだけ予算は抑えたいところですが、お客様の肌に直接触れるものなどには気を配りましょう。

その他宣伝費など 数万円〜30万円

宣伝しなければサロンが認知されることはありません。周辺地域へのビラやフリーペーパーへの掲載など、予算やターゲット層にあわせて選択しましょう。

開業を決めると数多くの商品の中から予算や目的に合わせて商材を決定していかなければなりません。フォレストエステティックスクールは母体が商社のため、開業に必要な備品やエステ機器など多数取り揃えております。最新の美容情報にもアンテナを貼り、ご要望をお伺いし数多くの商品の中から最適な物をご提案することも可能です。
スクール生の場合、レッスンで使用した教材をそのままサロンで活用することもできるので安心です。

エステ開業に必要なもの詳しくは>>>

6.主婦が自宅でエステサロンを開業する際の注意点

価格設定

「お小遣い程度で・・・」とお考えの方や「まずはお友達から・・」と身近な人へのサービスを考えている場合、お友達価格を設定してしまう方もしばしば。
価格を低く設定すると

人数をこなし売上をあげなければいけない

新規顧客獲得が必要

広告宣伝費が必要

経費がかさみさらに売上げを上げていかなければいけない

と悪循環になってしまいます。

自宅開業とはいえ、光熱費や通信費などサロンを運営していくための経費はかかります。収入=売上—経費となるため、売上が少なければあなたの手元にお金が残らなかったり最悪赤字になってしまうことも。

価格で勝負するのではなく、サービスや技術で満足度をあげ集客できるよう備えておくと安心です。新規顧客を獲得したい場合は、初回体験キャンペーンなどを上手に活用すると良いでしょう。

扶養の確認

所得の有無によらず、開業届を提出した時点で扶養から外れてしまうことあります。ご家族の扶養の範囲内でとお考えの場合は、開業届提出前にしっかりと確認しましょう。

融通がききそうだが、実際はお客様中

営業時間はご自身の都合に合わせて設定できます。お子様が学校に行っている時間だけ予約を受け付けるというのも可能です。
ただし、サロンオーナーの業務はお客様へのサービスだけではありません。集客や雑務、売上管理までさまざまな仕事があります。それらの多くはサロンを経営していく上で重要なことであり、予約が埋まってしまった日には営業時間外に対応することとなります。スキルだけでなく、必要となるサロン経営(業務)情報も確認しておくと良いでしょう。

プライベートとの線引をしっかりしましょう

自分の時間を優先させてしまうと売上があがりません。希望の時間に予約がとれないことが続くとお客様も離れしまいます。プライベートと仕事のメリハリをつけるようにしましょう。

生活感を出さないよう工夫が必要

自宅開業される方でプライベート空間とビジネススペースの差をどのように分けたらよいのかというご相談をよくいただきます。家の作りから完全に日常導線と隔離できないようなら自宅開業はおすすめ致しません。
フォレストエステティックスクールでは玄関入ってすぐの部屋の利用を推奨しています。リビングを通り抜けての奥側の部屋などはお勧めしません。やむを得ない場合はカーテンやパテーションなどで日常品など生活感のあるものは隠すようにしましょう。
ご家族の協力も必要です。目に見えるものだけでなく、生活音などにも気を配る必要があります。
自宅住所の記載が気になる方は、詳細はご予約を取ってくれる方にのみにお知らせするようにすると良いでしょう。

7.主婦がエステ開業で成功するポイント

適正価格の設定

売上と経費の関係を理解し、適正な価格を設定しましょう。プロとして自覚を持ちお値段以上のセービスを提供するよう工夫が必要です。

勤める以上に働く覚悟で!

技術を磨くだけでなく集客や経営、接客について学び行動し続けなければなりません。理想の働き方を手に入れるために、軌道にのるまでの間は勤める以上に働く覚悟で臨みましょう

経営スキル

本業としてやっていくためには経営スキルは避けて通れません。長く続けていくためには事業計画をしっかりたて、経営スキルを身につけましょう。

エステ開業事業計画について詳しくはこちらから>>>

8.実際にエステサロンを開業した主婦の声

主婦から開業された方のインタビュー



主婦から開業された方のアンケート


9.まとめ

フォレストエステティックスクールでは、10年以上のベテランエステティシャンが講師として在籍しています。ただ技術をお伝えするのではなく、お客様に喜んでもらえるスキルと接客技術も学ぶことができます。あなたがなりたい理想のエステティシャンを想像し、相応のスキルを教えてくれる人との出会いは大切です。

何から初めたらいいのか。どうやって運営していけばよいのかなど。疑問や不安を持つ方のために開業セミナーを実施しております。基本的なことからお悩みに合わせて完全無料でレクチャー致します。漠然と考えておられた方も自分のすべきことが明確になった!とご好評いただいております。

まだ検討段階の方もご参加可能です。お気軽にご相談ください。

→フォレストエステティックスクールの開業支援について
→フォレストエステティックスクールの開業セミナーご紹介ページ

エステスクールを決めた理由・目的とは!?

受講生の声や様子&授業内容を発信中!簡単に受取る方法
ブログを通じて、受講生の様子や声、講師の考えをまとめた授業風景の情報を発信中です。
Twitter・Facebookでも発信しているのでお好みの方法をお選びいただければと思います。
  • 授業風景でわかること

    • ・他の受講生は何を目的に、どういったコースを選んでいるのか?
    • ・他の受講生はどこの地域からスクールに通っているのか?
    • ・何故エステスクールに通うのか?利用するのか?
    • ・具体的にどのような内容を行っているのか?
    • ・講師はどんな人柄なのか?

その他美容に関する情報も発信しています。 ぜひご活用下さい!

Copyright © エステスクールのフォレストエステティックスクール All Rights Reserved.