ブログ フォレストビューティラボ

エステ開業!化粧品選びでサロンの明暗が変わる?正しい選び方7選

「フォレストビューティラボ」ページチェック

フォレストビューティラボ

エステ開業ノウハウ

エステ開業!化粧品選びでサロンの明暗が変わる?正しい選び方7選

どの化粧品を導入すると良いかわからず、悩まれている方向けの参考ページです。

こんなお悩みありませんか?

  • ・たくさん調べてみたけど、どの商品を使ったら良いかわからない
  • ・薬局やデパートなどいろんな所で販売されているけど、どの化粧品を使ってもいいの?
  • ・サロンで化粧品を販売するために、届けは必要?
  • ・効果を得られる化粧品を導入したい
  • ・自宅用に購入してもらいやすい化粧品って?
  • ・いろんな会社から販売されているけど、どこから購入したら良いの?

フェイシャル・ボディなどメニューを問わず、エステサロンを経営する際に必ず必要となる化粧品。種類も多く販売業者もたくさんある中、どこからどの商品を購入したら良いのか頭を悩ましている方も多いのではないでしょうか。
エステ開業時に悩む、化粧品選びのポイントや注意点をお伝えいたします。

ご参考になれば幸いです。

目次

1.そもそも、エステを開業するには何が必要?

備品の選び方

2.なぜ、エステ開業時に化粧品を取り扱う必要があるの?

施術効果を高めてくれる

収益の幅が広がる

リスクヘッジ

3.導入する化粧品を選ぶ時のポイント

効果とコスト

ブランド力

安全性

4.どんな化粧品でも良いの?

5.エステ開業時に選びたい「サロン専売化粧品」とは

他店と差別化できること間違いなし!おすすめ化粧品のご紹介

業者選びの注意点

6.どうやって購入したら良い?

7.売れるか不安?売れない原因を徹底解明

販売者自身がその化粧品のファンではない

化粧品の効果・効能を理解できていない

お客様の肌状態やニーズを正しくつかめていない

8.エステ開業に失敗しない化粧品の選び方

①あらゆる肌質に対応できる化粧品を準備する

②販売者自身が使用して愛せるものを選ぶ

③サロンコンセプトやターゲットのことを理解する

④近隣サロンサロンを調査し、差別化できる化粧品を導入する

⑤見本市に参加する

⑥実際に対象年齢の人複数に体験してもらい感想を伺う

⑦自分自身のスキルにあった化粧品の選定する

9.まとめ

そもそも、エステを開業するには何が必要?


限られた予算の中で取り扱う化粧品を選定していく必要があります。
まずは開業時に必要なものを把握し、どの程度予算が必要か、化粧品にはどのくらい予算をあてることができるのか算出しましょう。

エステ開業時に必要なものは、大きく3つにわかれます。

(A)運営するために必ず必要な物
→ ないと通常のサロン運営ができない物
数万円〜十数万円
施術ベッド/ワゴン/カウンセリングシート/ホットキャビン/ガウン/ブランケット/タオル/契約書/筆記用具/領収書/掃除用具/マスク/シーツ消毒剤
(B)取り扱いメニュー毎に必要な物
→ メニューをご提供するために使用する物
例)アロマエステ(※アロママッサージ専門店の場合)
約13万円
精油/キャリアオイル/調合用ビーカー/計量用ガラススポイト保存用遮光瓶
例)まつげエクステ
10〜15万円
まつ毛エクステ/ マツエク施術用ベッド / ツイザー(ピンセット)2本 / グルー(マツエク専用接着剤) / プライマー(前処理剤) / リムーバー(除去剤)/ 証明 / サージカルテープ / 施術用椅子 / ワゴン / 綿棒 / コットン / 精製水 / 消毒剤 / エアブロア / コーム / スクリューブラシ / グルートレー / ベッドシーツ / 上掛けタオル / おでこ用タオル又はピロー /
(C)必須ではないがあると便利物
→ お客様のおもてなしや、他店との差別化に使用
雑誌/空気清浄機/アロマポット/BGM/ etc…

備品の選び方

お客様の使用感はもちろん、使用するスタッフが使いやすいかどうかも重要です。特に大型の物、高額な物、長年使用していく物は、実物を確認しておくのも大切です。
開業資金を抑えることも大切ですが、すぐに壊れてしまったり使用感が悪く買い換えなければならなくなったりすると、余計に費用がかかってしまいます。耐久年数も含めて、適正な価格のものを選定しましょう。

例)

ベッド 長時間寝ていても疲れない、施術スタッフの体に負担がかからないetc…
(高さ調整の有無やクッション性等)
タオル 直接肌に触れるので肌触り、使用感etc…

エステは綺麗になることや癒しを求めてこられる場所。お客様に不快感・現実味を感じさせる物は避けるのがベストです。備品や内装を選択する中で、お客様の満足度に関係するものにはこだわりを持ち、他のサロンでは行っていないような細かな部分まで行き届いていると、お客様に良い印象を与えることができます。

中でも肌に触れるものは重要です。
化粧品は、「一度導入すると在庫を抱えることになる」「簡単に変更できない」という点もあり、どの商品を取り扱うかについては、ポイントをおさえ慎重に決定していきましょう。

なぜ、エステ開業時に化粧品を取り扱う必要があるの?

施術効果を高めてくれる

使用目的やお客様の肌質とマッチしていると、サロンでの施術効果を高め良い状態を維持する役割があります。ご自宅でも使用していただけると、配合成分・効能を理解しているので、来店時に適切なアドバイスが出来るのもメリットのひとつです。

収益の幅が広がる

近年は男性でも化粧品を使用するなど、化粧品を使わない人の方が少なくなってきています。消耗品のため、気に入ってもらえれば一定期間でリピートしてもらえる貴重な収入源となります。

リスクヘッジ

1人でサロンを運営している場合、施術のみの売上には限界があります。
化粧品を購入いただければ、時間数は変わらず客単価をUPすることが可能です。毎月一定の物販売上があると、怪我や病気などで施術ができない場合でも、売上がゼロになることもないため精神的な負担も少なくすむでしょう。

導入する化粧品を選ぶ時のポイント

導入する化粧品を選ぶ時のポイント

効果とコスト

効果とコストのバランスを比較し、ターゲットやサロンコンセプトに合ったものを選定します。ターゲット層によって毎月化粧品や美容にかけられる金額も異なります。生活スタイルや抱いている悩みを調査すると絞り込みやすくなります。

例)
・20代の女性(悩み:乾燥)と40代の女性(悩み:シミ)
同じ30代の女性でも、独身の方と既婚者の方では自由に使えるお金やお悩みが異なることが想像できます。

ブランド力

雑誌やTVで紹介されたり有名人が使用していたりする化粧品は、知名度が高くブランディング効果が期待できます。サロン専売化粧品であれば、取り扱いサロンを探し、来店のきっかけにもなり得ます。
また、取扱店としてメーカーサイトに紹介してもらえる可能性もあり、宣伝効果も期待できます。

安全性

お客様のお肌に直接触れるもののため、安全性は重要です。
「できるだけ安い商品を使用して利益率をあげた方が良いのでは?」と考えがちですが、内容成分や配合方法によって効果効能が異なります。分量によっても差がでてくるので、良い成分がたくさん使われていると高価になりますが、その分効果も得られやすい傾向にあります。

来店されるお客様の肌質は100人いれば100通りです。化粧品の選び方ひとつで肌トラブルにつながる可能性もあり、サロンの信用にも繋がるため化粧品選びは重要です。
成分までしっかりと把握し、安心して使用できる化粧品を選びましょう。

ブランド名やパッケージ、広告宣伝費のために価格があがっているものもあります。内容成分を確認し、どこに予算を使っている商品なのか良し悪しを判断できるのがベストです。お客様お一人お一人の肌を見てどのようなお手入れが適切か、どんな化粧品を使うと良いかも判断できるので、トラブル防止にも繋がります。
根拠をもって選定できる、基礎知識を身につけると良いでしょう。

どんな化粧品でも良いの?


現在販売される化粧品は大きく下記にわかれる

  • ・コンビニや薬局で販売されている化粧品
  • ・デバートや百貨店で販売されている化粧品
  • ・サロン専売化粧品

施術には、ドラッグストアで販売されているコスメや百貨店コスメなど、基本的にはどのような化粧品を使用しても問題ありません。しかし、サロンで販売される場合は、以下の通り決まりがあります。

  • ・国内メーカーの化粧品で、国内のメーカー・問屋から仕入れる場合は許可不要。
  • ・海外化粧品で、国内の輸入元・国内の問屋から仕入れる場合は許可不要。
  • ・その他、海外化粧品の販売には、「化粧品製造業」や「化粧品製造販売業」の許可が必要

取り扱う化粧品の規定はありませんが、プチプラ化粧品や自由に購入できる商品は、どんな使用の仕方をしてもどんな肌質の方が利用してもトラブルが出ないような成分、濃度になっています。つまり、肌に対して可もなく不可もない商品=肌改善は期待できないということ。
また、お客様は自身で買い揃えやすいもので施術をしているサロンを支持しません。
身近なところで入手できるものになると価格競争や利便性も関係してくるため、プロのみが取り扱えるサロン専売化粧品の導入がおすすめです。

エステ開業時に選びたい「サロン専売化粧品」とは

美容商材・化粧品への知識習得
サロン専売品は、一般ユーザーは簡単には手に入らないもの。
美意識の高いお客様は特別感を求めるため、その点において取り扱いはマストと言えます。
使用感や効果面でも、ドラックストアで購入できる化粧品より有効成分が多く使用されていたり、濃度が濃い物が多いのも事実。そのため、肌状態をしっかりと判断でき、きちんとレクチャーさせていただけるお客様にしか販売していません。

価格やコンセプトも様々。競合サロンで取り扱っていない良い化粧品を見つけると、差別化になりネーム名で来店していただける可能性もあります。また、施術用・ご自宅用の化粧品ブランドを統一することで、さらに効果を実感してもらいやすく売上にも繋がります

まずは、どんな効果を出したいかを基準に、いくつか絞り込みましょう。
サロン専売化粧品の場合、メーカーや販売元の業者がセミナーを開催していることも多く、商品の詳細知識も身につけることができます。お客様お一人お一人にあった専門的なアドバイスができるので、

  • ・施術で結果が出る→ホームケア用品購入していただける
  • ・ホームケアで効果実感していただける → 再来店 

など、リピートしてもらえる流れを作ることができ、販売促進にも繋がります。

フォレストエステティックスクールでも、定期的に化粧品セミナーを開催しております。
定期的に受講いただくことで、知識の確認や季節に合わせたお客様へのアドバイス、販売トークをレクチャー。サロン戦略のヒントにもしていただくことができ、運営にもお役立ていただけます。

各種セミナーについて詳しくはこちらから(フォレストシンフォニーサイトへリンクします)>>>

他店と差別化できること間違いなし!おすすめの化粧品のご紹介

ケイ素のチカラで美肌・美髪覚醒!オーガニックプレミアムジャパン

肌の構成成分ケイ素を針状にしてさらに細かく、超高濃度に配合されたオリジナル3Dニードルが、リフトアップ、エイジングケアをサポート。お顔だけではなく、髪も太く元気に!今までにないオリジナルメソッドです。
無料セミナー講習

オーガニックプレミアムジャパンの詳細はこちら>>>

ホワイトフラッフィー「泡エステ」(サロン用)

フェイシャル・ボディと全身に対応。
マシュマロのような泡を利用し表皮にある活性酸素が原因の毛穴汚れ、沈着した色素部分の角質をマイナスイオンの効果により吸着し取り除きます。新人や未経験の方でも扱っていただける簡単な施術方法で即日メニュー化可能!
お肌の美白効果や保湿、ツヤを与え、むくみなどの改善も行ないます。

当スクールの母体であるフォレストシンフォニー独自開発!
販売開始より15年、モンドセレクション受賞のロングセラー商品です。

商品についての詳細はこちら>>>

泡エステ講習

泡エステ講習について詳細はこちら>>>

業者選びの注意点

サロン専売化粧品と称していてもインターネットで販売され、お客様が気軽に手に出来てしまう商品もあります。このような場合、専売品ということで差別化を図っている取り扱い店はメリットが少なくなってしまいます。
メーカー毎にサロンに不利益がないよう対策をとっているのが通常ですが、まれに卸販売業者が一般の方向けにインターネットで販売している場合もあるようです。
販売元である業者さんは、不正流通を防ぐためにどのような対策をとっているのか現状どのような状態なのかをご自身で検索し、事前に確認しておくとよいでしょう。

どうやって購入したら良い?

購入方法は、以下2通りです。
①メーカーから直接購入
②美容卸業者から購入(複数ある卸業者から選定し、問い合わせます。)

メーカーから直接購入

メーカーの担当者が説明してくれるため、知識が豊富で商品について詳しく理解することができます。すでに導入する化粧品が確定している場合には、メーカーへ直接問い合わせると良いでしょう。
まだ確定していない場合だと、他社商品は否定的にレクチャーされることがあります。
結果、ご自身が探している商品なのかどうかも分からなくなってしまう恐れもあるため、注意が必要です。

美容卸業者から購入

まだ導入する化粧品が決まっていない場合は、美容卸業者へ相談すると良いでしょう。
色々なメーカーの製品を扱っており、全ての商品に対して公平な目で判断しているため、お客様のご希望の商品を的確に選定するお手伝いを行っています。
何社ものセミナーに参加したり、ご自身で資料請求したりする手間が省くこともできます。

もっとも重要視するべき点は、購入後のフォローや販売元の会社の信頼度にあります。
同じ商品であっても、実際に手に取れる(試すことができる)実店舗や、担当の営業さんがついてくれるところは安心です。
ただし、担当者がエステティシャンではなく、肌などの変化に対しての対応力が不足している場合もあります。結果、肌トラブルなどにより満足度をあげることができず、顧客離れを引き起こしてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

検討中の業者が複数あるようであれば、基本事項(送料・支払い方法・出荷までの最短日数・最低注文数)なども確認。1度の注文数が多くなると利益率が上がることもありますが、化粧品は使用期限もあり在庫を抱えてしまうと精神的な負担も増えます。軌道にのるまでの間は、できるだけ在庫を抱えない状態が望ましいでしょう。

化粧品以外にも備品の購入予定があれば、同じ業者からまとめ買いすることでお得になる場合があります。発注先をまとめられると、管理も楽に。
各業者の取り扱い商品を調べ、最適な業者を選びましょう。

フォレストエステティックスクールでは直営サロンも運営していているため、成功に繋がる戦略や販売例などの情報をタイムリーにお伝えすることができます。
講師は全員、10年以上エステティシャンとしての現場経験を持っています。商品の効果だけでなく、メニューにした時の相乗効果や、肌の変化に応じての商品の仕様を瞬時にレクチャー可能です。どの商品を選んだら良いかわからないという方は、お気軽にご相談ください。

化粧品選びについてのご相談はこちらから>>>

売れるか不安?売れない原因を徹底解明

売れるか不安?売れない原因を徹底解明
化粧品を導入するからにはお客様に購入いただけたり、施術効果出せたりしないと意味がありません。
「売れない」と悩まれているサロンによくある原因を解説します。

販売者自身がその化粧品のファンではない

心のどこかで「売上を上げなければ・・・」「押し売りと思われたらどうしよう・・・」等と考えてしまい、その気持ちが意図せずお客様に伝わっている可能性があります。このような場合、まず、販売者自身がその化粧品のことを心から良いと思えていない可能性があります。
本当に良い物・お客様にとって必要なものだと思っていれば、自然と気持ちは伝わります。
あなた自身が良いと思え、お客様のためにもなると感じられる商品を選びましょう。

化粧品の効果・効能を理解できていない

導入されている成分や配合の目的が理解できていないと自信が持てず、お客様にも価値が伝わりません。どうしてその商品をおすすめするのか。その商品を使用したらどう改善するのか。自信をもっておすすめできる知識と経験は必要です。
お客様の立場になって考え、最低限の知識を身につける努力をしましょう。

お客様の肌状態やニーズを正しくつかめていない

お客様のニーズを適切に判断し、肌がどのような状態か。改善するためにはどのような対策が必要かを判断できていない可能性があります。
適切にニーズをつかみどんな商品が必要かを判断できていれば、お客様の理想に近づけるためのアドバイス(ご提案)となるため押し売りにはなりません。
お客様は説明に納得し、必要だと感じれば自然と購入に至ります。

エステ開業に失敗しない化粧品の選び方

①あらゆる肌質に対応できる化粧品を準備する

肌タイプはさまざまです。特に敏感肌の方は選択を間違えるとトラブルの原因となります。肌に優しいオイル、パラベン・アルコールフリーなど、どのような肌質の方にも刺激なく安心して使用できる商材を準備しましょう。

②販売者自身が使用して愛せるものを選ぶ

検討中の化粧品があれば、まずは自分で使用してみてどのような効果があるのか体感しましょう。納得しご自身が愛せるものを選ぶことでお客様にも気持ちが伝わり、売上へも繋がります。

③サロンコンセプトやターゲットのことを理解する

ニーズが合わなければ、どんなに良い商品を導入しても売上にはつながりません。
自分の肌質や、自分に合う化粧品がわからないというお客様は圧倒的多数です。
化粧品を販売していくにあたり、適切なカウンセリングとご提案ができることは第一条件になります。サロンコンセプトや、ターゲットとなるお客様のお悩みを理解し、適切なラインの化粧品を導入する事が大切です。コースで使用する化粧品と販売用の化粧品を統一が図れると良いでしょう。

例)ニキビ専門ならニキビ肌改善に特化した化粧
しみケア専門サロンならシミに特化した化粧品etc…

フォレストエステティックスクールでは、お客様のニーズを上手く引き出し、お客様の満足度をUPさせるために必要なカウンセリング術をお伝えする「カウンセリング講座」を開催しております。オーナー様人気NO,1で講座です。お気軽にご参加ください。

カウンセリング講座について詳しくはこちらから>>>

④近隣サロンサロンを調査し、差別化できる化粧品を導入する

競合が使用していない商品であればそれだけで差別化可能。導入前に近隣サロンがどのような化粧品を使用しているか事前に調査しておくとよいでしょう。

⑤見本市に参加する

化粧品は実際に手に取り使用してみなければわかりません。
取引を行うようであれば、担当者の対応も重要です。
直接会って話を伺い、商品の特性はもちろん社員の人がどの程度知識を持っているのか。契約後にどこまで対応してくれるかを見極めることが大切です。
見本市であれば複数メーカーが集まるため1件1件問い合わせる手間も省けます。

⑥実際に対象年齢の人複数に体験してもらい感想を伺う

導入前にサンプルとして複数人に使用してもらい感想を伺うのもひとつ。ターゲット層にあたる人にサンプルを配りアンケートをとれば、「お客様の声」として活用することができ、自信を持っておすすめすることができます。

⑦自分自身のスキルにあった化粧品の選定する

肌知識や経験値が少ないうちに効果が高い商品を選択してしまうと、カウンセリングが不十分だったり肌診断が間違っていたりして、肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。効果が高いという事はその反対、副作用的な事も大きく出るという事を理解しておくことが大切です。ご自身の今のスキルと利益を考えて、仕入れの金額を考えていきましょう。

まとめ

ブランド名や価格などでなんとなく決めてしまいがちな化粧品。
あなた自身が商品のことをしっかりと理解し、納得し、愛せる化粧品を選ぶことが重要です。

フォレストエステティックスクールでは、人気の化粧品セミナーを無料で開催しております。
無料セミナー講習

詳細はこちら>>>

その他にも、当社開発、販売開始より国内外問わず人気のホワイトフラッフィーを使用した泡セミナーや、MTメタトロン化粧品・雪美人化粧品など各種セミナーを開催中。
詳しくは下記よりご確認ください。

泡エステ講習

泡セミナーについてはこちらから>>>

各種セミナーについてはこちらから(フォレストシンフォニーサイトへリンクします)>>>

まだ、開業準備が進んでいない!どこから手をつけたらよいかわからないという方のために開業セミナーも開催中。
母体のフォレストシンフォニーが美容機器・化粧品の卸業もしていることから、サロンコンセプト、ご要望にあったお化粧品のご提案も可能。化粧品以外にも開業準備で不安や疑問がある方は、まずは開業セミナーを受講いただくことがおすすめです。
セミナー受講料は無料!お気軽にご参加ください。

→フォレストエステティックスクールの開業支援について
→フォレストエステティックスクールの開業セミナーご紹介ページ

エステスクールを決めた理由・目的とは!?

エステティシャンが選ぶエステスクールNo.1 エステサロン開業支援 顧客満足度No.1
受講生の声や様子&授業内容を発信中!簡単に受取る方法
ブログを通じて、受講生の様子や声、講師の考えをまとめた授業風景の情報を発信中です。
Twitter・Facebookでも発信しているのでお好みの方法をお選びいただければと思います。
  • 授業風景でわかること

    • ・他の受講生は何を目的に、どういったコースを選んでいるのか?
    • ・他の受講生はどこの地域からスクールに通っているのか?
    • ・何故エステスクールに通うのか?利用するのか?
    • ・具体的にどのような内容を行っているのか?
    • ・講師はどんな人柄なのか?

その他美容に関する情報も発信しています。 ぜひご活用下さい!

Copyright © エステスクールのフォレストエステティックスクール All Rights Reserved.
Translate »