【サロン開業支援情報】

Salon Opening Support Information

【美容沙龙开店支援信息】

「サロン開業支援情報」ページチェック"Salon Opening Support Information" Page Check“美容沙龙开店支援信息”页面确认

エステサロンの開業で確実に生き残るためのメニュー

エステサロンを開業する上で重要な「メニュー選定」。お客様を惹きつけるメニューづくりができるかどうかが、エステサロン集客を成功させるためにはとても重要になります。

そこで今回は、効果的なメニューの作り方と、メニューを作る上で意識すべき差別化戦略についてご紹介します。

エステサロン開業の鍵となる「メニューの差別化」

メニューの構成で競合サロンとの差別化を図ろう

エステサロンとひとことでいっても、その種類はさまざま。痩身、脱毛、フェイシャル、リラクゼーションなどを主体とするところ、また複数のサービスを組み合わせて展開しているところも多くなってきています。また、最近ではエステサロンを開業する方が増えたこともあり、駅周辺はもちろん、住宅街でも個人のエステサロンが次々と登場しています。

そのため、エステサロン開業を成功させるには、周辺にある多数の競合サロンに打ち勝ち、生き残っていくための戦略が重要になります。現実的に開業後わずか3年以内で閉店するエステサロンが多いのは、きちんとした戦略がないことがほとんど。周囲のエステサロンと同じメニューで開業するなど、生き残る工夫をすることなくつぶれていく現状が多々あることをふまえ、計画立てて準備をすすめなければなりません。

つまり、エステサロン経営で成功するためには、競合サロンとの差別化がとても大切であり、そのためにはメニューの構成で差別化をはかることが重要です。

低価格で勝負するのはNG!付加価値で勝負!

エステサロンをスタートする際に多くの経営者が失敗しがちなのは、安易に価格を下げたメニューを提供してしまうこと。低価格で勝負をすると、最初は顧客が集まるので経営がうまくいきそうに感じられますが、それでは先々の経営が困難になってしまいます。

後に、わずかな利益しか得られないことに気づきもっと利益を上げたいと思ったとしても、一度下げてしまった価格を上げるのはとても難しいこと。それでも価格をアップしてしまうと、客は別のサロンに流れてしまい、安定した経営を長く続けることができなくなってしまうのです。

そのため、エステサロンのメニューづくりでは、安易に価格を下げるのはNG!個人サロンは特に、価格で勝負せずに、他店とは違うもの、つまり“付加価値”をつけて差をつけます。お客様に伝わりやすい部分で差別化をするには、メニューでの差別化がおすすめ。確かな技術力で提供するメニューや、ここだけにしかないメニューがある店であれば、お客様は特別安くなくても足を運んでくださいます。

価格はその内容の価値できまります。ありふれたもの、どこでもできるメニューの場合、どうしても安く設定せざるを得ないので、「希少価値がどれだけあるか」が重要ポイントとなります。価格の安さで勝負するのではなく、お客様に選んでいただけるメニューづくりをすることが、生き残るための有効な手段といえます。

メニュー差別化のポイント

当スクールでは、エステの技術に関するノウハウを提供するだけでなく、開業に関するサポートも行っております。これから開業する方にとって、メニューづくりはとても重要な要素。失敗できないという思いから、不安に思う方が多くいらっしゃいます。
当スクールが開催する開業セミナーでは、「メニューの決め方」についてもお話しております。メニューづくりの基本をしっかりとお伝えしており、そこで得た知識をもとにメニューを考えましょう。

開業エリアの地域特性・周辺情報を考慮しよう

当スクールには、各地域にエリア担当がおりますので、地区担当者がその地域性や周辺状況のチェックなどのアドバイスも行います。そのため、ひとりでは不安…という方も安心です。

地域の担当者は、各地区のエステサロン情報・特性情報を所持しているため、個々にあった的確なアドバイスや調査のお手伝いが可能!他校の場合、エリアのスクール担当がいても、当スクールのように商社の営業担当がサポートするわけではないので、スクール卒業生の中での情報になってしまいがちです。

しかし、母体が商社の当スクールは、卒業生以外でも30年以上のベテランサロンや地元密着サロン、または全国に展開しているサロンなどと取引があり、そのサロンがどのようなメニューで成功しているのか、という貴重な情報をお伝えすることが可能。実践的な成功ノウハウをお伝えし、あなたのサロンが成功するためのサポートをさせて頂きます。

定番メニューの決め方

定番メニューの決め方

まずは、定番メニューを決めます。メニューを決めるまでのおおよその流れは以下の通り。この流れをふまえて考えていくと、納得のいくメニューができあがります。

1.なにから始めたらいいのか、どんなお店にしたいのか、イメージをざっくりとつかむ。
2.イメージにあわせて使用機器や商材を決める。
3.そこから細かいメニュー作りを行う。
4.価格についても決定する。

自分の得意分野を取り入れる

定番メニューを選ぶ時には、どうしてもその時のトレンドを選択してしまいがち。しかし、目新しさばかりを追うと失敗してしまうケースも多いです。お客様に納得していただける技術で施術できるものを定番メニューにすると成功する確率が高くなるため、ご自身の得意分野を取り入れ、結果を出せるものにしましょう。

また、定番メニューにおいて自サロンだけの特別メニューをつくると、それが差別化につながることもあります。敏感肌の方に対応した施術や、ニキビ対策・予防に配慮した施術など、自サロンだけの特徴的なメニューにするのもおすすめです。

オプションサービス・追加メニューを用意

他店と差別化するために、「定番メニューにプラスα」のサービスとしてオプションサービスや追加メニューを用意しましょう。定番メニューをしながら同時に他のサービスが受けられるので、お客様も店側も時間を無駄にすることなくメリットが得られます。

たとえば、つけたしメニューとして、パックやトリートメントなどがおすすめ。お客様に喜んでいただけることで高評価につながり、また客単価もアップするので一石二鳥!限られた時間でこれらの複数のサービスを同時に行い、収益をあげていきましょう。

定番メニュー選定のポイント

無料機器体験・化粧品体験を通してイメージしよう

はじめはイメージが膨らまず何から決めればよいかわかりづらいですが、実際に使用機器を体験したり、化粧品を試したりすることで、具体的なイメージを膨らませることが可能です。当スクールでは、無料でエステ機器や化粧品を体験することが可能。その中で、ご自身で体験しながら商材選びを始めることができますので、実際に効果を実感できたものをヒントにメニューづくりを進めていきましょう。

無料個別相談を活用しよう

当スクールでは、開業セミナーにてメニューづくりの基本的なことをお伝えしますが、その中で疑問、質問などが解消できなかった方につきましては、個別相談も承っております。個々にコンセプトをお伺いし、その内容にあったメニュー選定のアドバイスをさせていただきますのでご安心ください。さらに、「いくらの単価でお客様に来ていただければ利益が出るのか」などを一緒に考えていきますので、外れないメニュー作りが実現します。

個別相談は何度でも無料にて対応可能!開業されるエリアの担当がしっかりとお話をうかがい、その地域の特性にあったリアルなメニューづくりで成功に導きます。

差別化メニューの決め方

自信のある定番メニューを用意することで、お客様から選ばれるサロンに一歩近づきます。ただ、それだけで、完全に差別化をはかるのはまだ難しいと言わざるを得ません。そこで、近隣サロンにはないメニューを取り入れましょう。他店と差別化することで、その地域で選ばれるサロンになることができます。

他店で行っていないメニューであれば、そのメニューを求めるお客様は多少距離が遠くても来てくださる確率が上がります。また、競合が少ないので価格競争にはならず、利益率が見込めます。

ただし、差別化メニューを考えるためには、地域の情報をつかむことが重要。周囲のライバル店がどのようなサービスを提供しているのか、事前に調査しておく必要があるでしょう。

どのようなメニューが差別化に有効?

差別化メニューで売上アップを狙うといっても、設備費などがかかりすぎては意味がありません。そこで、費用があまりかからないものがおすすめです。さらに、お客様に継続して施術を受けに来ていただけるようなタイプのものであれば、リピーターを増やすことも可能。海外で流行っているものを取り入れるのもひとつでしょう。

また、定番メニューと差別化メニューを組み合わせることでより大きな効果が期待できるものであれば、おのずと集客も成功します。お客様の立場にたって、お客さまに喜んでいただける組み合わせになるよう、メニューの構成を考えてみましょう。

競合サロンとの差別化におすすめの技術

生き残ることができるエステサロンになるためには、差別化メニューづくりが特に大切です。イメージがつかめたところで、具体的にどのようなメニューが考えられるのか、見てみましょう。

・アーユルヴェーダ
・ハワイアンロミロミ
・ポリネシアンマッサージ
・フェイシャルアロママッサージ
・リフレクソロジー
・リフトアップトリートメント
・スリミングフェイシャル
・ベビータッチケア
・ホットストーン
・筋膜マッサージ など

上記のメニュー以外にも、これから多くのものが新たに登場する可能性があります。つまり、情報は早急に収集し、誰よりも早く取り入れることが大切です。アンテナを常に張り巡らせておくことも、経営者にとっては必要な要素といえるでしょう。

差別化メニュー選定のポイント

美容業界の情報を集め、トレンドを踏まえた差別化メニューを作ろう

フォレストエステティックスクールでは、上記のほとんどのメニューについて講習を行っております。いち早く情報を入手し、その詳細を生徒の皆さまにお伝えするのが当スクールの役割。美容機器卸業・スクール・サロン経営の3つの視点から最新美容情報を収集しているため、今後流行りそうなメニューを予測し、アドバイスすることができます。

さらに、お客さまに満足していただけるレベルの技術指導を行っておりますので、自信をもってメニューに加えることができます。興味・関心のある講座をお選びいただき、その技術を習得していただければ、その地域でひとつだけのエステサロンとして運営することができるでしょう。

エステサロンのメニュー選定についてのまとめ

エステサロン経営において、お客様にどのようなメニューを提供するかは、とても重要な要素。戦略を練るにあたり、まずはサロンのコンセプトをイメージすることから始めましょう。

常に学ぶ気力があり、努力を怠らない方なら成功を手に入れることは十分可能!競合サロンとの競争に打ち勝つために、開業エリアの地域特性を理解し、自信を持って提供できるメニュー選定を心がけましょう。

もちろん当スクールでメニューづくりのサポートをさせて頂くことも可能。ご興味がある方は、まずは無料の開業セミナーにご参加頂くことをお薦めしております。美容機器卸業・エステスクール・サロン経営という3つの視点から得たノウハウを活かし、成功するためのお手伝いをさせて頂きます。

→フォレストエステティックスクールの開業支援について
→フォレストエステティックスクールの開業セミナーご紹介ページ

Copyright © エステスクールのフォレストエステティックスクール All Rights Reserved.